A for an apple and absolutly...

大分ほったらかしていた本ブログですが、この度帰国が決まりましたのを機に、
自分なりのブリタニカ形式でここの生活を振り返ってしめてみようかと思いたちました。
(多分5月頃の帰国までに終わらないんですが引越しの煩雑さからの逃げ場所も無いとね)

A for an apple
相方曰く、職場のローカル(地元の人。職場は日本人や研修に来ている他のヨーロッパの国からの人もいるので、それ以外)のお弁当は年がら年中、
サンドイッチ
ヨーグルト(市販の一食分ずつパックになっているもの)
りんごかバナナ
チョコバーまたは(ないし、及び)クリスプ
で決まり。これをタッパーに入れてきて、仕事の合間合間に口に入れる。
相方の会社はお昼休みが35分しか無いのですが、
そのときは集まってお喋りと喫煙タイムだそうです。
サンドイッチも冷蔵庫にあるものを朝適当にパンに挟んで自分で作ってくるんだとか。
(既成のサンドイッチの具、というものも売っています。卵サラダやツナマヨなど)
私がボランティアで行ってるプレイグループの子供たちの持ってくる
ランチないしTeaも、ほぼ同じで、
サンドイッチはまだ手をかけてあるほう、
箱を開けるとスーパーの惣菜売り場の容器のまんまのサラダと
ヨーグルトとクリスプの小袋とバナナやりんご、
という究極の状態の子もいます。

このりんごは平均的に日本でいうと小粒の紅玉位の大きさで、
あまり汁も垂れず、かじるのに便利です。
甘いけれど酸っぱくて、これなら毎日食べてもそう飽きない。
ブランベリーやコックスやピンクレイディなどに混じってFUJIもあるのですが、
郷に入れば、でふじりんごも相当あっさりな味になっています。

c0031510_18442581.jpg


うちの裏庭に、芯が薄紅で白い花をつける樹があって、
引っ越した頃丁度咲いていたのが何かなあと思っていたのですが、
秋になったら紅い実がいっぱいついたのでりんごと判明。
そのお初はほんとにピンポン玉位の実しかつかなかったので
クラブアップルと認定していたのですが、
翌年、根元の草を抜いたり暑いときは芝のついでに水をやったりしていたら、
売っているりんごと同じ握りこぶし大の実がいっぱいつきました。
肥料もやってないし食用にはなるまいと観賞に留めていたのですが、
近くに行くといいにおいもするので試しに鳥につつかれてないのを摘んで食べてみたら、
完熟まで樹においてあり陽もよくあたったので甘いのなんの。
以後は半分は収穫していただいています。半分は鳥にごちそう。

c0031510_1845419.jpg


一部は相方が生はいやだというので(完璧オーガニックなのに)ワイン煮にしました。
八つ割りをレモン(薄切り)とお砂糖と赤ワインを入れて煮るだけですが
(量も最初は測ってましたが最近はどんぶり)
おつゆも一緒にヨーグルトと食べるとおいしいです。
煮ているときのいい香りもしあわせ。



他にAというと、
ASDA
UK映画の好きな人だと、「『Full Monty』で万引きしてたスーパー」です。
店舗も巨大で食品のパッケージも巨大なせいか庶民的イメージ。
客観的には食パンにしろビーンズ缶にしろ洗剤にしろ、TescoやSainsbury'sとさほど値段の差は無いし、(こっちのスーパーはよく他店ではいくら、ここはいくら、とポップをつけています。同じ値段が書いてあったりもしますが、わざわざ他所に行かなくてもここでも同じという主張なのでしょう)私が来た頃は、他に無いベルギービール専用グラスだの竹の子水煮缶だの置いていたりしたので(今もシメジなどは近所ではここしかおいてない)、ASDAを愛用してもちょっとポッシュな生活は可能な気はしますが、街の中には無いっていうのもポッシュになりにくいのかな。ロンドンのシティセンターしか知らない人はASDAに無縁だそうです。ジャージにビーサンの親子が、抱えるような冷凍チップスと二斤食パンと48本パック缶ビールと24小袋入りクリスプとビーンズ缶を巨大カートに満載している眺めもリアルなUKのordinary lifeです。オクスフォードのガウンな方々の生活や、薔薇のお庭を背景にメイドが午後のお茶を給仕してくれるアッパークラスの暮らしのように日本では知られてませんが。そういうのは残念ながら、この国でも少数の憧れの対象であって一般国民の生活じゃないのですなあ。
c0031510_19113621.jpg
ここの不織布のショップバッグ(エコバッグ)は丈夫で大きいのでもう2年以上愛用しています。
1歳児なら入っちゃうくらいの大きさで水の瓶もじゃがいも1kg袋もどんとこい。
ピンクリボンキャンペーンのとき買ったので黒地にピンクリボンが描いてあります。
[PR]
by Madorena | 2009-02-16 19:12 | Madorenica
<< Austen, 平凡にして活躍... A Nice Cup of Tea >>