話すというより謝ってます

英国人ドライバーの半数が自家用車に話しかける
そうですが、私も話しかけます。というか、謝ってます。
縁石乗り上げたり、parkingの車止めにぶつけたりするたび、「ごめんねー!!」と。
最大多数(他の車・歩行者)の幸福のために犠牲になる私の愛車の愛称は、
打たれ強さを願って「エビボクサー」です。というのは嘘です。名前はつけてません。

ニュースといえば、JSTVでやるフジの昼のニュースだったかな、世界の珍事コーナーみたいなので、UKの話題というと、いい大人がトホホな仮装をして1マイル走るのだの、プレミアリーグのマスコットの競争だの、ねぶた状に張子にした車の珍レースばかりです。
そんなのそうそう見ないよ~、と思ってたのですが、1月にウェールズにドライブ行ったら愛好者サークルらしい100台を超えるミニ・ローバーの行列を目撃して、考え直しました。
ただ延々同じ車種で連なって走って、目標地点(とある丘の上の大きいparking)でずらりと並んで停めて、交替で峠の茶屋のようなカフェでお茶を飲んで帰るだけの遊びだったらしいんですが、そういう他愛ないことを楽しめる遊び心のある人がいっぱい居る国なんだなーと。
[PR]
by Madorena | 2006-02-23 03:20 | Let's go お出かけ
<< Sometimes it sn... 今度は缶だよ、グルミット! >>