カテゴリ:Let's go お出かけ( 30 )

A Nice Cup of Tea

駐在も残り1年ちょい(の予定)となると、心残りが無いようせかれて参ります。
というわけで、近所のTea Guild認定というTeaRoomに、りささんをお誘いして行ってきました。
最近雨ばかりのイングランドには珍しくFine dayだったので10分ほどの距離を歩いていきました。
c0031510_20305574.jpg


c0031510_20311687.jpg


こんな看板も…
c0031510_20314911.jpg

(実は今日、行こうとしていたら、最近の雨で実が皆落ちちゃったといわれ中止に。
露地だから仕方ないんですが残念)

TeaRoomはヴィクトリアン・エイジ風の可愛らしい飾りつけですが、茶器はシンプル。
c0031510_20331576.jpg

りささんは薔薇の花弁入りのチャイニーズ・ティーにスコーン、クリーム、ジャムのクリーム・ティ。
私はTeaRoomのブレンド(ダージリンが主という感じでした)のクリーム・ティに、特注という薔薇のアイスクリーム。
c0031510_20354787.jpg

確かにほんものの薔薇の香りがふわっと広がって、すてきなお味でした。
(先月2つローズガーデン巡りをしたので、しばらく薔薇にはうるさいです(笑))

スコーンは普通でしたが、お茶はなかなかおいしかったです。
サーヴしてくれたのが、ギリシャ人のおじさんだったのにはちょっと驚きましたが。
でも、紅茶が好きで本物のお茶を出したいと思ったら、UKに来るのは自然でしょうね。
紅茶はやっぱりここの水で出すのが一番おいしいように出来ていますから。
アガサ・クリスティのセント・メアリー・ミード村の気分を味わいたい方にはお勧めできる感じです。(11月以降の吹き降りの日には、ルース・レンデルないしミネット・ウォルターズ気分に差し替えられます)

ついでに
[PR]
by Madorena | 2007-07-27 21:41 | Let's go お出かけ

Harrods Rocks(Born to rock)


(C)Big Time TV
長らく放置しておりましたが、こちらもそろそろ動かします。
ブログは鮮度、ということは重々承知ですが某SMSとの使い分け上、ここは以前の旅行や英国生活の話、あちらは日記とちょこちょこした話にしようかと思います。

とりあえず復活の皮切りは、景気よく、週末のLondonから。
Harrodsでやっているに"Born to Rock"exhibition行こうよ、とHollandの友達Mさん(日本人)に誘われまして。
彼女のお目当ては、Nick Rhodesがデザインしたギター。
こんなのです。ネオンカラーでピンク、ブルー、ペールグリーンと変化するのですが、白っぽいのでイマイチ地味だったな。
c0031510_359530.jpg

私は、大好きなRock&Fashionのコラボレーション全部。
土曜ということもありかなりの盛況でしたが、半分以上は同じ年代(サーティー・フォーティ・サムシング)でした。ジミヘンやストーンズ、ブライアン・アダムス、デュランデュランから最近のバンドまでまとめて面白がるのはそういう年代なんだろうなあ。日本だとMusic Life買ってたような。その年代でタダのexhibitionをのんびり楽しんでいる人は、ローン返済や子育ての傍らやんちゃな遊びも忘れきれずまだまだコンサート行ったり若かりし日のアイドルバンドの限定版だのリマスターを思わず大人買いしてしまうので出銭が減らないのか、シャンパン・カウンターに寄り付く人もいませんでした。モエかなんかがスポンサーなので出していたようです。

More
[PR]
by Madorena | 2007-02-19 18:06 | Let's go お出かけ

ガーデンでお茶を

家の近所のガーデンセンターが、今年の園芸家協会賞(?)だかを獲ったというので、
地元新聞にcoffeeかicecreamが2人前、タダになりますよ、というvoucher(クーポン)を出しました。
最近は週3日は暖かい(1日は寒い、3日はどうなるか予測不可能)ので、ガーデンセンターでお茶もよろしいのではないかと、りささんをお誘いして行って参りました。
1時半を過ぎても、カフェはご年配のかたがた、及びお孫の団体でいっぱい。
でも、広いので何とか席を確保し、ランチをしながらおしゃべりしました。
(ちなみにvoucherではicecreamを選んだので、いきなりicecreamから始める変則ランチに(笑))
c0031510_1485034.jpg

私が食べたアップル&アプリコットクランブル。非常に甘くて7割でギブアップしました。
こちらのカスタードは卵が入ってないとりささんに教わりビックリしました。何で黄色いんでしょ?くちなしかな?

話が横道に逸れますが、こっちの卵って黄身があんまり黄色くないんです。
中部ヨーロッパもそう。スペインやポルトガルになると日本以上に真黄色なので、日照が関係するのかなあ。
ちょっとお高いこのパステルカラー卵だと、比較的黄身が黄色くておいしいので、
セール(99p)になっていると買います。普段は£1.6位します。コッツウォルズの卵だそうです。
c0031510_1514619.jpg

閑話休題。

最近はもう外が明るいのでおしゃべりに夢中になっていてふと気づくと5時過ぎに。
ガーデンセンターが閉まって花の写真が無いとここでお茶をしたと伝わらないので、
お花の間を散策しておりますと、甲高い声が。
これでした。(最近鳥づいているような…)
c0031510_1541479.jpg

写真を撮ろうと近づくと必死に逃げられました。別に蒸し焼きにして赤ワインソースといちじくを添えて食べようなんてちょっとしか思ってないのに…というか自分で羽むしったりするのは面倒だから捕まえようとは思ってないのに…
雉ってこの羽根の水玉模様がちょっと気持ち悪いです。白鳩の求愛行動も展開されていましたが、ちっちゃいのでうまく撮れませんでした。

お花の写真も一応はとりました。
c0031510_1563859.jpg
c0031510_1565781.jpg

りささん、今度またご一緒してくださいね。

Shall I compare thee to a summer's day?
Thou art more lovely and more temperate:
Rough winds do shake the darling buds of May,
And summer's lease hath all too short a date:
Sometime too hot the eye of heaven shines,
And often is his gold complexion dimmed,
And every fair from fair sometime declines,
By chance, or nature's changing course untrimmed:
But thy eternal summer shall not fade,
Nor lose possession of that fair thou ow'st,
Nor shall death brag thou wand'rest in his shade,
When in eternal lines to time thou grow'st,
So long as men can breathe or eyes can see,
So long lives this, and this gives life to thee

The Sonnets no.18/William Shakespeare
[PR]
by Madorena | 2006-06-03 02:04 | Let's go お出かけ

愉快なロンドン

このバンクホリデーはロンドンに行って参ります。

…健康診断しに。
でも半日だけなんであとは街歩き!花巡り!ショッピング!そして美食!

…の予定。
いってきまーす。
[PR]
by Madorena | 2006-05-27 08:27 | Let's go お出かけ

夜行フェリーに乗って

今夜の夜行フェリーで、アイルランドに行ってきます。遊びに来ている両親のお供です。
月曜朝着のフェリーで帰って参ります。
See you next week!
[PR]
by Madorena | 2006-05-12 00:10 | Let's go お出かけ

イースターホリデイに行ってきます

というわけで、来週までちょっとお待ち下さい。
チェコ行ってきまーす。

…あ、クリスマスホリデーの記事を忘れてたのを今思い出しちゃった!

旅のお供(Not 品川巻)
[PR]
by Madorena | 2006-04-14 00:07 | Let's go お出かけ

ターナーとラファエル前派

先月、Galleryめぐりをしに行ったときの写真を少しお目にかけましょう。
(著作権の関係で展示品の写真が殆ど掲載できないのが残念)
これは隠し撮り。narrowboatさん、ターナーの川ですよ~。
c0031510_17394557.jpg

このGalleryで、LiverpoolのSudley House(改装中)のコレクションを展示していたのを見にいったんです。
c0031510_1743347.jpg

ロムニーやサージェントもありました。
シャーロット・マクラウドが好きなので、ロムニーを一度見てみたかったんです。
c0031510_1742494.jpg

"泰西名画"って感じですね。

その後LadyLever's Galleryにラファエル前派展を見に梯子しました。
W.モリスが好きなのでその流れでラファエル前派にもちょっと興味があるんです。
自力で行けるか下見のつもりでしたが、タダなので入ってしまいました。
Galleryの梯子は情報過多になるので、あんまりよくないんですけど。
このグループは画風がいろいろな人が居ますが、私はバーン=ジョーンズが割に好きです。
この展覧会では珍しい木炭デッサンや下絵が見られて面白かったです。

けふのこの日や「春」の足、半(なかば)たゆたひ、小李(こすもも)の
葉もなき花の白妙(しろたへ)は雪間がくれに迷(まど)はしく、
「春」住む庭の四阿屋(あづまや)に風の通路(かよひぢ)ひらけたり。
春の貢/D.G.ロセッティ/『海潮音』
[PR]
by Madorena | 2006-04-12 18:00 | Let's go お出かけ

Four Seasons

今度のイースターホリデー(今年は14日から)、チェコ(プラハ)に行こうと決めて
旅行代理店に手配を頼んでいたのですが、気づくと2週間切っているのにホテルが決まってません。
催促しないものには永遠に欲しいものは廻ってこないというこの国の体質が、日系の代理店にも…
で、催促してみたところ、先月リクエストした時点では一泊600だったか800ユーロだったFourSeasonsが、今だと260ユーロ(朝食込み)オファーが出てますよ、という話が。
そりゃラッキー!(もともと、パリやローマでFour Seasonsに泊るより安そうだから一度泊って見たかったというミーハーな動機だったので)と予約して、帰宅した相方にウキウキ伝えると

「そりゃチェコで鳥インフルエンザが出たらしいからだな!」

え?

そして夜のニュースを見ていると

チェコで洪水、死者7人、何千人に避難勧告

ああ…Four Seasonsは河べりに建ってるからキャンセル続出してるんだなこりゃ…

こういうときは外務省海外安全情報(これを無視していって何かあったとき国に助けを求めるのも虫がいい話なので)。
今のところ、行くなという情報はないので、行きますよ。
ちょっとね~くさいかもしれないけど、水が引いていれば、空いてるんじゃないかな!
コルナも下落しててお買い物得なんじゃないかな!(ポジティブシンキング)

追記:その後あちこち探してプラハの町を映すライブカメラ映像を見つけました。
町が水に浸かっている様子はなかったので一安心。
、プラハ市のオフィシャルサイト
[PR]
by Madorena | 2006-04-06 15:36 | Let's go お出かけ

Here,there, everywhere

昨日はLiverpoolのTateMuseumに行ってきました。
お友達が、珍しいマチスの風景画があるから観にいきましょうと誘って下さったので。
Lime St.の近くのイタリアンでお昼をいただいて、小雨そぼ降る中Albert Docへ。
日本だと横浜みなとみらい21や小樽の倉庫街と同じ感じに、
倉庫を修復したウォーターフロント・エリアです。
↓Dockから望むThe Royal Liver Building
c0031510_17213962.jpg

Pennyrainという雰囲気でしょ?
↓これがミュージアムです。
c0031510_17293322.jpg

ロゴが何かに似ていると思ったのですがリンク先の写真で思い出しました。
これだ!

ちなみにチョコバーです。

入ったところでTurner on the SeaというTurnerの展示特集がありました。
Turnerはほとんど見たことがないのでとりあえず見物。
水彩のスケッチがいっぱいあるので照明が落としてあり、
フラッシュは焚けないのでこんな写真しか…いや絵自体もよくわからない画面だったんですよ!ほんとに!↓
c0031510_1732051.jpg

水彩はたまに筆を拭いただけじゃなかろうかというのもありましたが、
それは見る側の芸術的感性の欠如のせいなのは重々承知しております。
(しっかり描きこまれた油彩より、もやもやな水彩の方が部屋に飾っておくと
気分でいろんなものに見えて楽しそうだと思いました。←ロールシャッハか?)

お目当てのマチスのランドスケープ。
c0031510_17342654.jpg

Notre Dameだそうです。
彫刻もありました。毎度思いますがマチスはのびのびしてていいな。
c0031510_1735644.jpg


突っ込み上等
[PR]
by Madorena | 2006-03-15 17:40 | Let's go お出かけ

話すというより謝ってます

英国人ドライバーの半数が自家用車に話しかける
そうですが、私も話しかけます。というか、謝ってます。
縁石乗り上げたり、parkingの車止めにぶつけたりするたび、「ごめんねー!!」と。
最大多数(他の車・歩行者)の幸福のために犠牲になる私の愛車の愛称は、
打たれ強さを願って「エビボクサー」です。というのは嘘です。名前はつけてません。

ニュースといえば、JSTVでやるフジの昼のニュースだったかな、世界の珍事コーナーみたいなので、UKの話題というと、いい大人がトホホな仮装をして1マイル走るのだの、プレミアリーグのマスコットの競争だの、ねぶた状に張子にした車の珍レースばかりです。
そんなのそうそう見ないよ~、と思ってたのですが、1月にウェールズにドライブ行ったら愛好者サークルらしい100台を超えるミニ・ローバーの行列を目撃して、考え直しました。
ただ延々同じ車種で連なって走って、目標地点(とある丘の上の大きいparking)でずらりと並んで停めて、交替で峠の茶屋のようなカフェでお茶を飲んで帰るだけの遊びだったらしいんですが、そういう他愛ないことを楽しめる遊び心のある人がいっぱい居る国なんだなーと。
[PR]
by Madorena | 2006-02-23 03:20 | Let's go お出かけ