カテゴリ:Let's go お出かけ( 30 )

500milesを目指して

今日は13.5マイルまでお出かけを達成しました。
近くの町にお住まいの日本人美容師さんのところに
今までは知人が行かれるときに便乗(送迎)していただいていたのですが、
そろそろ自立しないとご迷惑なので、頑張ってみました。
幸い、30分程度(Aロードのみで高速のMロード使わずに)で何とか美容師さんのおうちの前にたどり着けました。(予約してないので上がらずにそのままUターン)
これからは自力でいけるぞ!
いっぺん、自転車(こっちは車道を走っているので追い越さないと後続車に迷惑なのです)を追い越そうとしてもたもたして対向車線の人にクラクション鳴らされましたが…

美容師さんのお宅の前からそのまま進んで行くと一番近い街に入ってしまったのですが、
街中の細い道(人も多い)と狭いparkingはまだ自分の手に余る自覚はあったので、
とりあえず街の中心部から逸れる道を選んで、赤信号の間に行き先を考えました。
そうだ、アウトレットに行ってみよう。ということで近在の割に大きいアウトレットへ。
行けちゃいましたよ。カーナビさまさまです。
何とか駐車もして、ぐるぐると歩きまわりました。
1月のセールは終わってましたが、それなりにまだ安いものもあります。

今回の収穫
c0031510_2582450.jpg

2月の誕生日の親友のために
Pringlesのハイネック・ノースリーブニット。ローズピンク。
イタリア製でとってもいい手触りです。お値段はプレゼントだから内緒~
でも半額以下でしたv
Estee Lauderのコスメ・キット。
中身はアンチリンクルクリーム、ナイトリペア、薄く色のつくリップクリーム、
リップグロス、ミニ・マスカラ。
ポーチが可愛かったのと、丁度リップクリームとグロスがニットと色合いが同じだったのでこれをチョイス。マスカラも小さいので持ち歩きにいいかなと。
これを2つセットで上げます。

自分には、Pringlesの黒のヒカリモノかつシースルーのカシュクール・カーディガン。
これが5ポンドだったんでつい手が出ました。
もうね、上腕がぷるぷるしがちなので、
キャミソールやノースリーブにはこういうの羽織らないとダメなんです。

まともに一人で本やCD、洋服や靴や化粧品を見て歩いたのはこっちに来て初めてかもしれません。
ものすごく癒されました。
相方は割に付き合ってくれる(口も出す)方なのですが、
退屈してるかなーと思ったり、ふと居なくなってあれ?どこ行っちゃった?と探したりするので
心ゆくまで落ち着いて見られないんです。
気心知れて趣味の合う女友達(姉妹同様の従姉含む)と見て歩くのが一番、
一人が二番、
母親とが三番、
…相方とは四番かな(ごめんね)。
[PR]
by Madorena | 2006-02-09 03:13 | Let's go お出かけ

Madorena's Hamper (£10)

今回、↓の日本人会?のためにMadorena家で用意いたしました景品は、
Whittard of ChelseaのTea measure spoon(お紅茶の茶葉を測るスプーン)

同じくTea strainer(中にお茶葉を入れてマグに入れてゆらゆらさせてお茶を入れる、一人分のお茶道具です。形がかわいい)

に、日本のご家庭でも馴染みふかそうな種類のTea leaf一袋、で1セットといたしました。
Orange Pekoe、Earl Gray、English Breakfastです。


年齢(30台~50台後半)も立場(我家の相方のように海外未踏でいきなり地方の工場から引っこ抜かれてきた人もいれば、各国渡り歩いて来た人もいる。子供もいたり居なかったり、駐在員だけでもない)もバラバラな日本人家庭10組に、1世帯2つ当っても喜ばれる(後ろ向きにいえば迷惑でない)賞品を10ポンド以内で調達してこいというミッション。
そりゃおっさんの発想の商品券も一理はあります。
というかもう毎年なら大入り袋を業務用単位で発注しといて、順位別に額が違う現金入れたらいいんじゃないの(一応クイズとかビンゴなので順位がある)、と思うんですが、
前例と協議(してんのかな)の要求にはご無理ご尤もで、最善を尽くすのがジャッパニーズビッジネスマーン(と家族)の生きる道であります。
で、相方との協議(というか殆ど私の主張かも)で達した結論が

日本人である限り、
この世に血縁者とご近所がある限り、
帰国には(ないし日本から遊びに来るお客には)お土産が必要だ!

だから自分で使わなくてもちょっとしたお土産になるものがよかろうと
上記の物件になりましてございます。
紅茶関連の小物って、日本人がイメージするイギリス、ぽい。はず。多分。
Whittardって伊勢丹にティーショップがあったので首都圏の人には多少の知名度あるのかな。
うちの近所、ハロッズもフォトナムも無いんでこれで精一杯のメジャー路線です。

追記:MishaさんのコメントでHarvey Nicholsを思い出しました。マンチェスターにあったわ、そういえば。
イギリスのデパートを勝手に日米のと対比してみるとこんな感じかしら。新宿と銀座大好きhanakoの視点です。西海岸を知らないので、アメリカは東~中西部の店舗中心の知識。

Harrods-高島屋-Saks Fifth
Harvey Nichols - 伊勢丹-BARNEYS(NeimanMarcusかな)
Debenhams-そごう(か西武)-Broomingdale
John Lewis-東急本店-Marshall Field's
Liberty-松屋-Nordstorm
Selflidges-三越-Carson Pirie Scott
Next(厳密にはデパートじゃないでしょうね)-銀座プランタン-Filene's
和光はBergdorf Goodmanかなと思うんですが、イギリスでこれに対応するものが思いつかないなあ。
M&Sは、何でもこぎれいパッキングでお高くて、でもほんとに高級な品(champagneだとドンペリは無い)が無いところは、ソニプラ!
[PR]
by Madorena | 2006-01-23 23:46 | Let's go お出かけ

スタバUKにはギフト券ないの?

来月某所である日本人大集合(?)の日には相方の会社もいろいろ協力させられています。
主に、ゲームやクイズの準備とか、ゲームの賞品集めとか、仕分けとか。
相方にも賞品を£10×10個何か用意してくれ、というお鉢が廻ってきたので
明日アウトレットでも行って探してこねばなりませぬ。
銀のスプーン2本セットみたいのがいいかなー、などと言ってますが、
果たして手ごろなものがあるやら。
無ければキエモノが親切だという発想の関東人なので、
(だから結婚式の引き出物も私側のお客はカタログ+ケーキでコンパクトサイズ。
派手な婚礼で有名な某県住民が多い相方のお客にはタオルセットかなんかで増量と崇徳院でした。閑話休題)
スタバかコスタ・コーヒーのvoucher(ギフト券)か、Thorntonのチョコレート箱でいいんじゃないのー、と言ったら珍しく相方もすんなり賛成。
そこでvoucherがあるかWebで調べたんですが、どっちのサイトでも全然そういう商品のことがみつかりません。無いのかなー?
スタバってどこでも同じ展開してるからありそうに見えるんですけどね。どうなんでしょ?
なんせあのコーヒー店、ファ○マが「全家」とか漢字表記併記させられてる台湾でも
頑なに英語看板しか出してなかったもの…(2001年頃の話)
あ、でも台北のスタバ、入ったらコージー○ーナーみたいな三角に切ったケーキが
ショーケースにあったりしました。必ずしも全世界同じ展開じゃないのかな?
[PR]
by Madorena | 2006-01-21 07:03 | Let's go お出かけ

今日は11マイル

今月から真剣にESOL(English for Speakers of Other Languages)の学習場所をロケーションし始めましたが、道が難しくなくて、そこそこ駐車場もあって、周辺の治安もよさそうなcollegeを見つけたので、今日は一人で行けるかロケハン(ガイダンスが開いてたら相談もついでに)に行ってきます。無事の帰還をお祈り下さい。

これがLondon、でなくてもそこそこ大都会なら(UKの大阪Birminghamとか、名古屋だというManchesterとか。でも今はマンチェのが景気いいらしいですが…閑話休題)地下鉄、バスもこまめに張り巡らされているので車使わなくても通えたでしょうし、
留学で来るなら、学校の近くやドミトリーに住んで歩いてったり出来るのですが、駐在家族は住居の選択の余地はない(代りに不動産手続きも何もなくて住める)。
特に、学校に行くお子さんも居ない我家はどっちかというと辺鄙なところの家(静かでいいんですけどね)を割り当てられているので、この苦難がつきまとうわけです。

でもまぁ英語だけはもうちっと自由になって帰りたいと思ってきましたし、
週に6日は相方以外の人と口をきかないで居るこのごろ、日本語も出てこなくなってきてるので
(最近「出がらし」という言葉が半日出てこなかった。かといって英語が増えてもいない)
頭が傷みかけているようです。これはやばい。ここで文章書いてなかったらきっともっと危なかったですね…(メールも書き飛ばすので)

追記:無事かえってきました。途中狭い道やLoad Closed(そのAロードは去年夏から工事のまま…)もあってガチガチに緊張しつつ車も自分も無事でした。
ガイダンスはアポ無し突進はふられましたが、予約を頼んで来たので近々また行って、コース選択やレベルの話をします。
換気扇とシャワー(電気シャワーもあまりにぬるいので点検を頼んだら取替えということになった)も来週交換に来るといわれました。同じ月の中に来るとはラッキーです(という国なのですね)
色々なことが前のめりに進行しているのでイケイケモードでがんばろう。
[PR]
by Madorena | 2006-01-18 16:35 | Let's go お出かけ

薔薇の海

ブルガリアは薔薇精油の産地なので、初夏には一面の薔薇畑が、薔薇色の海に見えるそうです。
一度そういうところで薔薇の香りに埋もれてみたいと言ってみると、
見かけによらず(?)乙女心を秘めた相方は是非自分も行ってみたいとあっさり賛同。
普段センシティブ過ぎて(私のおっさん侍スピリットに難癖しきりで)厄介だなーと思いつつ、
こういうところで、男がそんなとこ行けるか!といった無駄なマチズモが無いという面は、
ものごとはよろずポジとネガだなあと改めて思わされます。
(アンチ・フェミニズムなマチズモが無いわけじゃないですけどね)

以前別の殿方でロンドンに向かう機内でNotting Hillを見て、仕事の合間にNotting Hillに行って画廊で絵を買ってきた、という人が居て、かわいいなあと思いましたが、
相方はエーゲ海を一度見てみたいのでギリシャにも行ってみたい、
エーゲ海に捧ぐ』という映画をテレビで昔見たから、
というのも、なんと言うかストレートだなあと内心感心。私だったら照れちゃうんですが…
(テレビで見たなら「チッチョリーナのお馬」はカットかな…)

『○い○り』をリアリティTVじゃなくて真実のドキュメントだと信じてたり、
(リアリティTVはシチュエーションに出演者がinvolveされて、ミイラ取りの伝で、迫真性が加味されるんだろうとは思いますが)
成人向けのホームページの会員登録に本名と家のアドレスで出してたり(HNとフリーメールでいい筈なのに)

殿方というのがこう無邪気なものなのか、この人が特別にイノセントなのか。
ヴィクトリア朝では未婚女性は穢れ無き『家の中の天使』で、
嫁しても『ピアノの』などと口にしてはいけないキヨラカな存在だったそうで、
相方はそういう清楚感(←この言葉がどうも許せない。「清楚」と「感」は足せないですよ)
溢れる天使に憧れているきらいがあります。
でもこう無防備な人に付くのでは、天使は天使でも、多分こんなんじゃないと勤まりませんので、あしからず。


わたしはまた、一人の天使が、底なしの淵の鍵と大きな鎖とを手にして、天から下って来るのを見た。この天使は、悪魔でもサタンでもある、年を経たあの蛇、つまり竜を取り押さえ、千年の間縛っておき、底なしの淵に投げ入れ、鍵をかけ、その上に封印を施して、千年が終わるまで、もうそれ以上諸国の民を惑わさないようにした
(『ヨハネの黙示録』)

あ、そういえば「笑う大天使(ミカエル)」の映画ってもうDVD出てるのかしら…リアルタイムの、一応お嬢様学校と言われるところの女子高生だったので仲間と大喜びで読んだものです。時には(母のお友達やお稽古の先生の前では)あんな風に猫かぶりでした(笑)
[PR]
by Madorena | 2006-01-10 18:30 | Let's go お出かけ

holiday

明日夜から休暇に出かけますのでしばらくお休みします。
皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。

See you soon!
[PR]
by Madorena | 2005-12-26 08:39 | Let's go お出かけ

Birminghamのクリスマス vol.2

c0031510_15564123.jpg

Birminghamで11月17日~12月23日までやっている"Frankfurt Christmas Market"です。場所はVictoria SquareからNew Streetまで。電車だとNewStreetStationで降りるとすぐ見えます。
これがVictoria Square。正直不気味なサンタさんです。
この広場にある彫像もハリウッド映画だと悪の王国や退廃の国にありそうな
妙に肉感的な半漁人などで、Birmingham(もちろんDD詣で)2、3度目の友人によると、
「これがバミ的センス」なんだそうです。いいのかなそんなの決めちゃって(笑)
c0031510_1557533.jpg

食べ物の屋台が色々出ていましたが夜6時過ぎということもあり人が沢山飲み食いしていて、
中々売っているものの写真が撮れませんでした。
これは飴がけ・チョコがけ果物の屋台です。林檎・バナナ・イチゴ・キウイなど。色がきれいですね。
他にはシュトーレン(ドイツのChristmascake。ドライフルーツとナッツ入りバターケーキです)、ポテトパンケーキ、ホットドッグ、肉まん(中身はソーセージ、保温容器と形状は日本のそっくり)プレッツェル、ベルギーワッフル、チョコレート、飾り用クッキー、グリューワインなど。
陶器のChristmas柄マグ入りのグリューワインが£2.5と書いてあって、
depositが£2、とあったので、「中身が50P(100円程度)なら飲んでみようか」と屋台に寄ってみると、
なんとワインだけが£2.5で、まず£4.5払って、マグを返せば£2返す、という仕組み。
原宿の光麺の杏仁豆腐と一緒(でもあの器は大変使い勝手がいいので100円ならと返さなかった)。
M「テスコでハーフサイズボトルが£2で買えるのに!スパイスだって70Pもしない!」
友人1「だったら帰ったらMadorenaさんちでつくろうよ!私£2払うよ!」
友人2「こんなカップ1杯500円て誰が買うんや」
でも寒かったせいかそこそこ買ってる人いました。

More
[PR]
by Madorena | 2005-12-22 16:20 | Let's go お出かけ

Birminghamのクリスマス vol1

c0031510_2392649.jpg

夜のDURANDURANのコンサートまでBirminghamの街中をぶらつく…には寒かったので、
専らTheMailboxという新しいshoppingmallを見て歩きました。
この中にはBBCBirminghamもあって、ホールにはこんなツリーが。
飾ってあるのはBBC各局や、番組名です。
c0031510_2395393.jpg

部分アップがこちら。
番組のDVDや、ロゴグッズ(一番安い70Pのポストイット買おうか考えましたが、
ほんとに白地に黒でBBCって書いてあるだけなので却下。タダみたいなんだもん)を売っていました。
c0031510_23201060.jpg

こんなのです。ちょっとかわいいかな。
c0031510_23101173.jpg

Birminghamは運河があって、このビルはその一端に面しています。運河の前のツリー。
c0031510_23204865.jpg

このmallのもう1つのお目当て、ハーヴィ・ニコルズのクリスマスお菓子です。これはイタリア風のクッキー(フロランタン)。勝手にUK伊勢丹だと思っているこのデパート、ディスプレイがよろずオシャレで、お値段も大変オシャレ(笑)。同行のロンドンに詳しい友人は、紅茶なんかもお土産にいい包装だけどM&Sのが美味いよー、と言ってました。でも見る分には楽しいなあ。
c0031510_23233575.jpg

これは写真がスゴイ。イタリア在住経験者のもう一人の連れによるとパネトーネと似たようなお菓子だそう。パネトーネと、あと2種類あるお祭りお菓子、日本人からすると形状の違いしかない感じらしいけどイタリア人にとっては違うそう。
UKのフルーツケーキとミンスパイとクリスマスプディングみたいなものかな。
日本だと、大福と饅頭とおはぎみたいなものかな。というと大変賛同されました。
c0031510_23103877.jpg

丁度でくわしたゴスペル・グループ。このmallのテーマカラーのマゼンタピンクのボアつきです。
キャロルや、"Don't leave me this way"などのダンスクラシックを歌っていました。
翌日うちの近所の町にくると言っていましたが、そのときは行き会わず。そういうもんですね(笑)

次は、ニューストリートのクリスマス・マーケットのことを書きます。
[PR]
by Madorena | 2005-12-21 23:25 | Let's go お出かけ

Wild boys always shine!

DURANDURANのコンサートを観にBirminghamに行ってきまーす

日本からの友人をLiverpoolのお泊り先から送って頂いてキャッチ
相方の会社に寄って悲しい週末出勤ミッションをクリアしてもらう
オランダからの友人を空港かBirmingham市内でキャッチ
Birminghamでshoppingののち会場でticketを受け取る(買ってあるんですが当日引渡しなので)

という綱渡りメニューです。果たして無事クリアできるのか、いやせねば!

というわけで週明けまでちょっとこちらのコメント等は留守に致します。ご了承下さい。

月曜もLiverpoolからお友達が来てくださるかもしれないのでうれしいなー
脱・ひきこもり!

追記:
昨日叫び過ぎて、今日まで喋りすぎて、喉が痛いです…
Liveの前にインドカレーを食べたのは失敗でした。
あー、でも楽しかった~!
BirminghamのFrankfurt Christmas Marketにも行きましたよ。
これはまた別記事にて。へんてこな屋台が多くて面白かったです。
[PR]
by Madorena | 2005-12-17 16:14 | Let's go お出かけ

punk is not dead

いや~、参りました。
お昼前に、ちょっとSainsbury's遠征を試みたのですが、そこまでの道の5箇所のラウンダバウト(円形の交差点)が2箇所位、工事中なのです。
その一箇所を抜けてすぐ信号で停まったとき、パーン!という音がして、前の車とギリギリの距離だったので、ぶつかった?!(前の車の人も振り返っていた)と思いましたが、
前の人もウィンカー出さないし、何より衝撃もなかったので、「?」と思いつつスーパーまで行ったのです。
勘のよい方はもう何が起こったかお分かりでしょうが、私はわかっておりませなんだ。
スーパーで停めて、ボディやライトをチェックしたのですが、特に傷も(新しいのは)無いし、
何だったんだろうな~と思いつつちょっと買い物をして(うずら卵の棚が2週間で消えていたし、チキンレバーが品切れでがっかりしつつ、とりあえず豆腐とヤムイモを購入)帰りはテスコに停めて郵便局行って、ナマモノを買って帰ろう…と思って広い道をのんきに走っておりますと。
カックンとフロント左手が低くなり、ハンドル取られかけたので、慌てて減速してわき道に入って路肩(よそのお宅沿い)に停めてみてみると…(幸い同じ方向も対向車線も全然他の車が居ませんでした)

左のフロントタイヤに大穴があいてぺしゃんこ_| ̄|○

JAFみたいのを呼ぶにはどうするのかも見当がおぼろげにはつくものの、安全パイをとって、相方に電話しました。
すぐ来てくれるといいましたが(タイヤ替えに)、仕事中だし、ホイールが大丈夫か私は判断つかないので、JAFみたいのを会社経由で依頼できないか頼むと、通訳さんに連絡とってくれて、RACを呼ぶ手続きをしてくれました。現在位置を伝えて、MAX1時間半という待ち時間にびびりつつ待っていると幸い20分くらいでおじさんが来て、タイヤを替えてくれました。
帰りもカーナビが工事中でクローズの道に連れて行こうとするのでぐるぐる回った挙句なんとか無事に帰り着きました…
携帯とカーナビが無かったら路頭に迷って凍死してたかも(いや人家の前だったので多分頼み込んで電話借りたと思いますが)!文明って素晴らしい!
そして会社頼みで何とかなる駐在員生活の有難味も身にしみたのでした…留学生だったら痛かっただろうなあ 保険きくのかわかりませんが…
来週にはどのみち修理に出す予定になっていたので(運転しだしてすぐ信号の縁石と仲良くしてホブランプを壊しました)そのときついでにスペアタイヤ補充が済ませられるといいのですが。

これから歩いて郵便局行ってきます。帰りテスコに停めてそれだけでも行こうと思ったのですが、混んでて停められなかったし、やっぱりちょっと動揺してるのがわかったので出直し。
[PR]
by Madorena | 2005-11-19 01:04 | Let's go お出かけ