カテゴリ:Love shack おうちあれこれ( 35 )

クレイマー、クレイマー

この記事で書いたように、去年から、使っているT-mobileの携帯が海外でローミング出来ないトラブルを抱えておりました。
ドイツで、相方(やはりT)とSIMカードを取り替えてみたところ、10秒でネットワークに接続したので、これはやはり携帯本体ではなく、SIMカードの問題と判明。
(注:SIMカードとは着脱可能なICチップ内蔵カード。このカードには携帯電話番号などのモバイルコミュニケーションに必要な情報が記憶されている)

早速帰宅後T-mobileのカスタマーサービスに「SIMが不良品だから替えて下さい」とメールしたところ、
「新しいSIMをお送りしますが、10ポンドかかります」と返事が。

ここで、プチっと来ました。どうして人はアドレナリンが噴出すると英語がすらすら出てくるのでしょう(笑)
↓以下が私の書いたとおりのメールの文面です。
Thank you for quick response.
I cannot understand why I have to pay to fix my trouble. I already paid for
my phone with T-mobile's SIM and it is not my mistake to get defective one.
I think T-mobile is responsible for replacement because T-mobile has to
supply normal working SIM to user.
※I don't seek compensation for inconvenience in foreign country caused by defective SIM, I just need replacement.
Please give me replaced SIM card working in T-mobile network area as well as in UK.

意訳:
迅速なご対応ありがとうございます。
(ところで)なんでこの問題の解決に私がお金を払う必要があるのでしょうか。
もう携帯とSIMに一旦支払いはしているんですし、不良品に当ったのは私のせいではありません。
御社は正常なSIMカードをユーザーに提供する義務があるんですから、代替品を提供する責任があります。
※海外でこの携帯が使えなかった不自由さについて損害賠償しようとはいいません、代替品だけが欲しいのです。
どうか、UK国内同様に海外でも使えるSIMカードを送ってください。

以前、消費者問題を扱う職場に居たことがあるんですが、合法ラインでのクレームのコツの1つは、「ふっかけておいて、妥協案と見せた本来の要求を通す」ことにあります。
※のところで「やろうと思ったら海外で使えたはずなのに使えなかった分の損害賠償の訴訟を起こせるんだから」と、もっと大ごとに出来るんだぞ、とちらつかせたのが、(本気だったらこれも全く合法に請求できます)利いたようです。しかし自分でこのクレーマーのテクニックを使う日が来るとは思わなかった…

そして即座に返って来た返事が
I'm sorry to hear you're unhappy with this and I can appreciate why you don't think it's right to have to pay for a replacement SIM.
I've looked into this for you and as a gesture of goodwill, to apologise for the inconvenience, I'll send you a SIM card free of charge.

意訳:ご迷惑をおかけしました、仰ることはごもっともですので手を尽くしてみまして、お詫びとしてSIMをタダでお送りいたします。

というわけで今日、私は新しいSIMカードを獲得いたしました。しかし、ごねた方が得ってそれもどうかと思います。タダでくれるんなら最初からくれればいいのに。

そのSIMカードの郵便と共に、今度はScottish Powerから42ポンド払ってないよという督促状が。(電力供給会社です)
でもそこに書いてあるカスタマー番号が今までの請求書と違うし、オンラインでログイン(カスタマー番号と郵便番号を入れると、今の請求額や支払い履歴が見られる)も出来ません。
また明日から、新たな戦いかと思うとぐったり疲れますが、これもこの国のかたちです。

A wise man will make haste to forgive, because he knows the true value of time, and will not suffer it to pass away in unnecessary pain.
Samuel Johnson
"man"は抽象代名詞ということで。
[PR]
by Madorena | 2006-06-30 04:00 | Love shack おうちあれこれ

ロッキン・ロビン・ハウス

先日から、裏庭の蔦の這う塀にしきりに駒鳥(コックロビン)が入り込んでいるなあ、
と思っていたのですが、なんと蔦の合間に巣を造っていたのが判明しました。
私が包丁使ったり洗い物をする流しは裏庭を見渡す窓に面しているのですが、
皿を洗いながらふと目をやると、虫をくわえた駒鳥が蔦の合間にとまったとたん、
ピイピイ言う声とともに◇という形が5つほど現れたのです。
望遠レンズがあれば、写真をお目にかけたいところですが、普通のデジカメでは
ボンヤリ赤い点(親の胸の色)が写るだけで残念です。
「秘密の花園」のディッコンとメリーとコリン同様、
私もその巣と卵(雛)は親鳥にとって胸が痛むほど大切な、代えがたい宝であることは
理解しているので、近づいて写真を撮るのは言語道断ですし…
巣立ったあとに巣を見るくらいは許されるでしょうけれど。
うまく皆巣立ったら、何かいいことありそうな気がします。
双眼鏡で親のえさやりや雛が動くのを時折観察していますが、
雛はみるみる丸々してきているので、今月中には巣立つかな。
駒鳥をそれぞれ見分けられるほど観察眼が無いのですが、先ほど、目の前の栗の木の枝で成鳥の新たな生産活動らしき行動が行われておりました。同じ親のつがいということがありうるのかしら…ワンシーズンに…

タイトルは"シュガシュガルーン"のキャラにひっかけてみました。
今アニメやってるんですってね。安野モヨコ好きなのでいつか読んでみるかも。
まずは、『働きマン』の続きからですが。



追記:先日、お友達数人が遊びに見えて一緒に食事に行って、帰ってきたとき、家の前の道路をHedgehog(ハリネズミ)が横切ったのをお友達が見つけて、皆で車を降りて、斜めお向かいのおうちの茂みにもぐりこむまで観察しました。ほんとにこんな姿でかわいかったな~。(写真はInternationalHedgehogAssociationより)
[PR]
by Madorena | 2006-05-21 23:08 | Love shack おうちあれこれ

Don't kill cock robin

今朝、裏庭にこまどりが来ていました!
写真を撮りたかったのですがズームに限界があるので点でしか写ってなかったです。
というわけで

こんなのです。
F.H.バーネットの『秘密の花園』が大好きなので、見られてとってもうれしい。
寄せ植えの飾りなどの作りもののこまどりしか見たことなかったんです。
ここで声も聴けます。

以下、画像はすべて(c)英国王立野鳥の会(勝手に訳)

あと、ブラックバード(くろつぐみ)もよく来ます。

いつもマザーグースのパイの歌を思い出します。パイを開けたら歌うなんて楽しいけど、それじゃあ食べられない。
すずめはあまり見ません。ドリトル先生のチープサイドもロンドン・スズメだったから都会にしか居ないのかな…
うちは海が近いので、カラスよりかもめがよく飛んでいます。
スーパーの駐車場の頭上でかもめが舞ってるというのもなんだか不思議な眺めです。
ツバメは夏に何度かみたかな。
雲雀は、姿はあまり見ませんが、声はよく聞きます。
去年来てすぐ居たフラットは裏手に樹が多くて、5月末なので
4時過ぎから鳥が歌いまくってくれまして、特に雲雀がにぎやかでした。
こんな声 

UKの鳥のさえずりは、なんだか日本よりアリア調というか音楽的です。

時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡(かたをか)に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛枝(かたつむりえだ)に這(は)ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。
R.ブラウニング/上田敏訳(海潮音)
7時からというのは詩人が起きたのがその時間か、詩的空想ですな。春でも5時から啼いてます…
[PR]
by Madorena | 2006-03-31 19:14 | Love shack おうちあれこれ

When the doves cry

隣家の都合で、裏庭の隅に生えていた樅ノ木が引っこ抜かれました。
根が隣の庭とグリーンハウスを侵食していたらしいです。
こういう話は家を所有する会社と隣家がうちの頭越しにして、事後承諾で連絡が来ます。
面倒がないけれど、うちの意見抜きで進められるのはあまり面白くない。
現に、うちの裏手のpublic path(舗装していない、
住宅の合間を抜けていく散歩道のような細い道)を隔てた家の二階からは、
うちの裏庭とそこに面した側が丸見えになってしまっています。
(キッチン、ゲストルーム、クロゼットルームにしてしまったもう一つのスペアベッドルーム、
メインのバスルームのある側。バスルームは外から見える窓は全くないですけど)

少々むっとしながら洗い物をしていますと(流しは裏庭を見渡す窓と向かい合っている)
芝生に何かがじっと座っています。
…グレーの鳩です。
最近、public pathとの境の塀や、pathの側から枝を伸ばしている樹に
よく留まっている鳩がいて、巣でも作っているのかなあと思っていましたが…
(そうだとするとナーバスだろうからとあまり裏に出ないようにしていた)

もしかして、抜いた樹に巣作り中だったのでしょうか。
思い当たった瞬間、鳩と目があったような気がして慌てて逃げました。
恨むなら、隣を恨んで!と内心念じつつ。
抗議行動としてのsit-inでしょうか。
正直、鳩は嫌いですが(鳥は全般に苦手)、猫も一匹程度うろつくだけの
鳥には平和そうなこの界隈で巣作りと子育てしたいのなら、
それは生き物としての権利だろうと寛大になっていたのに…

しばらくしてこっそり見たら居なくなって、翌日からは見かけませんが、
空っぽになった隅を見るたびに少々心が痛みます。

Oh, give me my lowly
Thatched cottage again;
The birds singing gaily,
That came at my call:
Give me them and that
Peace of mind, dearer than all.
Home, home, sweet sweet home,
There's no place like home,
There's no place like home.

Home sweet home/John Howard Payne
[PR]
by Madorena | 2006-03-25 06:16 | Love shack おうちあれこれ

Check it out

ワールドカップのチケット(byEMIトラベル配布分)の代金が
クレジットアカウントから引き落とされたので、来月あたまままでに、
振込みにいかないといけません。

これがどういうことなのか未だ理解できず、多分理解しないまま帰国するんだと思いますが…

我々は、この国の都市銀行(でいいのかな?とにかく普通の全国チェーンの銀行)に
相方と私の共同名義の普通預金口座を持っています。
その口座引き落としのDebitCard(即時引き落としカード)と、チェックブック(小切手帳)と、ヴィザのクレジットカードも発行されています。

でもこのクレジットカードを使うと、その使用分を普通預金に毎度振り込まねばなりません。
買い物した店には引き落とされる(から超過利息は取られない)んですが、
銀行への支払いを忘れると、カード停止されちゃうんです。

…同じ銀行の同じ口座から引き出してまた入れるという
この不可解な経路は誰がどう得をするのか全く理解不能です。
というわけで出来る限りクレジットは使わないようにしているんですが
今回のチケット代金なんかはデビットが使えないし、チェック不可だったし、
パリまで払いに行くついでも無かったので、仕方なく。

額が多め(100ポンド弱、2万円)なのでチェックで払ってきなさいと
相方は簡単に言いますがこのチェック切るのもまだ一桁回数しかやってないので苦手です。
(アメリカで大口の買い物は全部親名義カードで済ませてプチ・パリスだったツケが今頃回ってきた)
チェック(小切手)切るには数字を文字で書かないといけないんですが、(日本でも手形はそうですね。でも建築業とか、不動産関係でもないと手形って一般の人は切らないですよねー)
普段、ninty eight pounds and eight pence only------なんて書かないので間違えやしないかと緊張しますし、また、そういうときに限ってボールペンのインクが切れてたりするんだもん。
[PR]
by Madorena | 2006-03-22 16:36 | Love shack おうちあれこれ

Blizzard、Blizzard

今日は3月の12日なんですが。
挨拶代わりに皆、イースターホリデイの話をしているんですが。

c0031510_23485258.jpg

うちの前
c0031510_23491540.jpg

裏庭

相方は明日会社に行けるか心配中。
私は火曜日、お友達とギャラリーを観に行ってランチもする約束を楽しみにしているので心配中です。

今日は相方の同僚さんファミリー(イギリスの人)がランチにくる予定でしたが、とても危ないのでキャンセル。
月末に見えることになったので、つくねだんごやらカレー、豚カツ肉は急遽冷凍庫へ。
昨日買って来た生の海老はもったいないので昼に揚げて食べてしまいました。
相方は山盛りのエビフライが食べられてちょっと幸せだそうでした。
揚げ物はおいしいけど作ってると油まけしちゃってあんまり食べられないや…
[PR]
by Madorena | 2006-03-12 23:50 | Love shack おうちあれこれ

鷲は39階段を…

昨日は車で30分ほどのお友達のおうちに伺い、ランチをご馳走になってお喋り。
ベジ(タリアン)のご主人特製のfalafel(チックピースのコロッケ、ハーブが色々入って割ると美しい緑)、
ホモス(チックピースのペースト、ヨーグルト風味)、
ピタパンにトマトやきゅうり、りんご、オリーヴ、ザワークラウト、ビートルートなどを
取り合わせた、彩りも美しく健康的な食卓でした。(カメラを忘れて撮れなかったのが残念)
通勤帰りの車で混む前にと4時前に辞去し、
ご機嫌で帰宅して明日のカレッジの宿題をやっておりますと、17時頃、
相方から電話がありました。
我家では電話はリビングを出たところにあるので、リビングの窓越しに外が見えます。
(今はもう5時半頃までうっすら明るいのです)

その日の不審な出来事。
[PR]
by Madorena | 2006-03-07 22:55 | Love shack おうちあれこれ

Sometimes it snows in April

とPrince殿下が歌っておられましたが、
今週うちの辺りは最低気温がマイナス6度まで行って雪もちょっと降るそうです。
クロッカスもポコポコ咲いてきてるのになあ。
今も何か降っている音が霙ではないかという高さです。
天気予報はテレビのテレテキスト(文字放送)か、
BBCWEATHERで見るのですが、この表示に謎があります。
例えばBirminghamの今週の天気(うちは別にBirminghamじゃないんですがたまたま都合がいい表示だったので例にとりました)で、


この記号はlight snow showersです。
今週水曜は最高4℃、最低-4℃、気圧1005、北西の風時速10マイル(これは突き刺すように寒い)なのに、何故視界が、VisibilyがVeryGoodなの?曇ってて雪ちらついてたら見えないよ!
と思うのですが、要するにガスってなければ上々という基準なんですよね、ハイ。
最初視界のこといってるのがわからずこれがいい天気っていうの??と疑問だらけでした。

G.バーネットの『秘密の花園』はヨークシャーに春が来る様子を劇的な美しさで描いていますが、
この暗くて寒くて陰気な冬の日が少しずつ明るくなってきて、
地面からスノードロップやクロッカスが顔を出し、木々に芽がふいて来る感動と喜びは
確かに冬を過ごしてみないと、
特に夜は真っ暗でビルの灯りなんて20分走らないと無いような田舎に住まないと実感できませんね!ええできませんね!
(今週水曜からのESOLレッスンに凍った道を走るのが怖くてややキレ気味です)

追記:相方から雪が降ってたら禁足令が出ました。
確かに私か車が壊れると6ポンド(レッスンのfee、1時間分)より高くつきますしね。
でも行きたいな~。午後は降っていいから朝晴れてくれるといいなあ。
スタッドレスもチェーンも見かけない国なんです。あってもチェーンの装着なんて出来ないけど。
[PR]
by Madorena | 2006-02-28 05:03 | Love shack おうちあれこれ

From dust til mud…

手入れの悪い私の愛車は紺色がうっすらホコリかぶってブルーが常態です。
先日、年末こすったバンパーを取替えに出して、昨日取りに行ったんですが、
下半分が茶色になっています。ファイアバードになった…わけでなく、誰か泥道走ったなコラー!
駐在奥さんなので車の修理etcも相方の会社経由になる事情があり、
修理の際には相方が会社に運転していき、修理屋さんは会社に代車を届けてきて、
交換するようになっています。
多分修理屋さんが金曜に会社の駐車場まで持ってくる過程で泥かぶったんでしょう。
(ちなみに洗車してはくれませんので上半分のホコリは多少増えただけで減ってない)
さすがに洗わないとみっともなくてスーパーにも停められないのですが、
お日様が出るまでは洗車してもかけた水が凍っちゃう。
というので今日はまた少々遠征を試みたいのですが洗車できるようになるまで待っています。

(今日のタイトルはFrom dusk til doneをもじってみました。
見て無いんだけどタイトルの響きがいいので何となく頭に残った)
[PR]
by Madorena | 2006-01-30 18:58 | Love shack おうちあれこれ

ミラクル(ココ○コではなく)!

換気扇が新品になりました。
シャワーが目盛り⑦(10段階で)で、熱いお湯が出るようになるものに取り替えられました。
(今までは10にしてもなまぬるかった)
午前中いっぱいかかりましたが…

便利というのは便利なものだとつくづくしみじみ思います。

さーて、餃子作るか!
換気扇使えないと窓を二方開けててもどうしても匂いがこもるんですよ。
ガマンできなくて週末カレー作っちゃいましたけど。
私のカレーは2日も煮込むので家中インド化計画。
いえ、インドカレーじゃなくて、イギリス風、ハッシュ風のカレーなんですけど。
インド風が食べたいときはティッカとか買ってきちゃう方が手っ取り早いですし。
それはさておき、カレーは多分心の底からオールシーズン愛しているせいか、
満腹でも匂いが気にならないのですが、
餃子や揚げ物は匂いが残るとあまり気分がよろしくないので、
換気扇が動かない間は止めておりました。
豚カツ食べたいって言ってたから近々作ろっと。
[PR]
by Madorena | 2006-01-24 22:32 | Love shack おうちあれこれ