<   2005年 09月 ( 59 )   > この月の画像一覧

小説の中のHalloween

本で読んだ、イギリスのハロウィンとガイ・フォークス・デイのエピソードで
印象的なものは2つあります。
ひとつは、『公園のメアリー・ポピンズ』の最後の章、
登場人物の影たちが公園に集まってダンスパーティを開くもの。
『とびらをあけるメアリー・ポピンズ』も確か、ガイの日の花火の火花と共に、
メアリーが空から降ってくるんでしたね。
もうひとつは、ルース・レンデル『わが眼の悪魔
これと、『ロウフィールド館の惨劇』『殺す人形』は私の三大お勧めレンデル
(ただしウェクスフォードものはあまり読んでないへなちょこレンデル読者ですが)です。
ある人間の個性、生活が日常的に積み重なって、惨劇をもたらす、
皮膚に毒草を押し当てられるような、
染み入ってくる恐怖を描かせたら右に出るものがないレンデルの真骨頂が出ています。
レンデルの恐怖は、異常な行動を異常だと認識しないユーニス・パーチマンや、
アーサー・ジョンソン、ドリーの日常を平然と描いていくことで、
読んでいる人間がうっかりそういう人物に移入し、自分の内面が正常か、揺らいでしまうところにあるような気がします。
そういう点では、シチュエーションがいかに異常でも、ミネット・ウォルターズの登場人物の方が、精神的には健康ですね。殺戮行為も、理由が明かされると、なるほど仕方なかったのか…という気になりますし。閑話休題。
日本でも、オフィスや近所に居そうな、ごみ捨てや書類の角合わせにうるさいタイプの
しみったれた中年男が、永年に亘って愛でてきた、地下室のマネキン人形。
それはさらに忌むべき秘密の蓋をするアイコンでもありました。
ある年のガイ・フォークス・デイに、その人形が火あぶりにされたことをきっかけに、次々に悲劇が起こるのです。
同じフラットに越してきたもう一人のA.ジョンソン(アントニー・ジョンソン)のロマンスと、
他の住人の不倫騒ぎに、"ケンジントンの絞殺魔"の犯罪が絡み合って起こるクライマックスは、繊細な方は夢に見そうですよ。
[PR]
by Madorena | 2005-09-30 17:54 | エンタの天使

Halloween spooky

近所のTESCOも、ハロウィンのコーナーが出来ました。

↑これはキャドバリーのサイトにレシピのあったHalloweencakeです。こんなデコレーション出来たらすごいな…
近所ではお向かいしか小さいお子さんは見ないのですが(小学生2人)
夕方のTESCOはお迎え帰りの制服の子供とお母さんがいっぱい居るので、
お菓子は用意しておかないとなー、と、セールのチョコバーを少しずつ買っています。
ジャックオランタンは、うまく刳り貫く自信が無いので、プラスティックのを買うかな…

お菓子を小分けして包んでおこうかなとも思いましたが、
今はアレルギーやら色々気遣いもいるので、
当日はボール箱かクッキーの空き箱みたいなのに、
キャンディやチョコバー、リンゴ、アレルギー・フリーのお菓子を盛っておいて、
お化けちゃんたちが来たら、Treat as you like、と出そうかなと思います。
ガイ・フォークスの花火というのも見てみたいものです。

来年でも、仮装をする機会があったら、これを着てみたいと相方に見せてみたところ、即座に力いっぱい却下されました。
「仮装パーティにも、へヴィメタルのライヴにも着られるから無駄にならないよう」
「着んでよろしい。いかんでよろしい」ちぇっ。
このサイトはこの"Tinker Hell"や"Helle's Belle"(美女と野獣ですね)
"Creeping Beauty""Snow Fright ""Spiderella""Malice In Horrorland "
といったcostumeがあって面白いです。
日本では見なかった『Psycho』のマザー・ベイツの衣装はこの手の通販でよくみかけますが、遠目だとただのおばちゃんなので、かなりマニアックですね。

『よい子には、首をあげよう』
ジャック/Nightmare before Christmas
[PR]
by Madorena | 2005-09-30 17:50 | Supermarketに行こう

Bolton(中田のチーム)、ブルガリアチームに勝利!

2-1で勝ちましたね。
1点は相手チームのオウンゴールだったみたいですが。
上記BBCのWebでは中田の文字が無かったので、
朝、BBCニュースのダイジェストを一生懸命見ていたのですが、全然中田については言ってくれない。
前の記事でも書いたんですが、今の中田と同じような髪型の選手がBoltonもいっぱい居て、
(単なる短髪でもこっちの人のは大体色が薄い…髪自体が薄い場合もしばしば)
アフリカンの選手以外で、ロングショットで見分けるのは難しいです。
うーんと引いて撮ってれば、動きでわかるんですが、もつれ込んでるときはほんとに難しい。
頭、何か目立つ色にしてくれないかな…
これが野球の新庄選手だったらフットワーク(ヘアワーク?)軽く青だの紫だのにしてくれそうですが(笑)
中田はストレートなオシャレだから、そんなインコみたいな真似はしてくれないだろうな。
中田のHPでも29日の試合に出たとは言ってないので、出られなかったのかな。

日本に居るときはどっちかというとMLファンで、サッカーにはそう燃えてなかったんですが、
やっぱり同じ頃にUKにやってきて暮らしてる同胞、って意識でしょうか、
中田も家でJSTV見てるのかな、BBCのフットボール・ダイジェスト、見てるのかな、BBCRadio1、聴いてるのかな、と親しみを感じてきますね。
(中村はやはりちょっと遠い…でも一度は見たいです。グラスゴウではついでにマッキントッシュ・ハウス見たいし)
友達にメールして「最近私、中田ブーム」といったら、
中田は結構Mちゃんと同じような音楽好きなんだよ、と中田セレクトのコンピレーション・アルバムを教えてくれたんですが、おお、Jay-Z、R.Kelly,Kanie Westがある、というわけで当分中田ブームは続きそうです。
でもうちの辺りはBoltonファンは殆ど居なくて、赤いユニフォーム主流なので(どこかはご想像にお任せ)隠れボルトンとしてひっそりと応援…
[PR]
by Madorena | 2005-09-30 03:28 | Football a go go!

禁断の書

時折、カバーをかけないと電車で読めないような本が読みたくなることがあります。
成人向けという意味じゃなく、なんとなく怪しい、
見た人がその本や著者を知っていれば、
「え?」と読んでいる人の顔を確かめたくなる、(タイトルだけでも怪しい場合もあり)
もしかしたらB級とのすれすれの境目をドリフトして走っているような、
でも、中の一節が心に焼き付いて一生付きまとってしまうような、そんな本。
また、名言があったりするんですな。
相方は週刊誌と新聞だけで活字受容量がいっぱいいっぱいなので、
(家族も友人も活字中毒揃いだったので、本を読まないで生きられる人は初めて見たかも…)
本棚は漁られる心配がありませんから、
ちょっとは持ってきたんですが、↓例
『板谷バカ3代』

「バカというのは、用事もないのに出歩くのがホントに好きである。」
『平成よっぱらい研究所』

「きのうのわたしはよっぱらいであってわたしじゃないのよ」
『できるかなリターンズ』

「怒ってるときの君は嫌いだけど笑ってる君は好きだといわれた」

More
[PR]
by Madorena | 2005-09-29 23:19 | エンタの天使

Prefer Mozart to Metallica.

「シモンズ先生、口から血が垂れてます」「気にするな!」
Kissのジーン・シモンズが、全寮制パブリック・ミュージック・スクールに乗り込んで、
モーツァルトを学ぶお澄まし屋の7年生を6週間でヘッドバンガーズに変えられるか?
金曜9時30分にchannel4でやるRock Schoolですが、面白そうなので見てみようと思います。(アメリカではすでに5話まで放送済み)
えらいことになっている職員室↓

School of Rock』のパクリかな?と思いましたが、ジーン・シモンズの公式サイトによると、
モトリー・クルーのトミー・リーがネブラスカ大学に入学したリアルドラマに続いて、ロックと学校というモチーフで製作された番組らしいです。

Mozartも、Bizetも、Dvořákも、Metallicaも、Beatlesも、Nirvanaも、ChemicalBrothersも、SnoopDogも、U2も、Madonnaも、Will Smithも、BlackEyedPeasも、LinkinParkも、Missy Elliotも、Shakiraも、PetShopBoysも、NewOrderも、PinkFroydも、Ricky Martinも、HYも、B'zも、電気グルーヴも、矢野真紀も、
どれも好きになれる子供たちが、どんどん増えたらいいな。
好きなものが多いほど、生きてることが楽しくなるから。(お財布にはちょっと、大変ですが)

俺が一番だとは思わない、でも最高なんだ。 Jerry Lee Lewis
[PR]
by Madorena | 2005-09-28 16:45 | No music no life

Bolton、負傷者に悩む

木曜日のUefaCupでLokomotiv Plovdivと対戦するBolton・Wonderersですが、
Gary Speed (back/hamstring), Radhi Jaidi (hamstring)と Abdoulaye Faye (groin) が怪我のため戦列を離れる恐れがあるそうです。
Nicky Hunt が6週間、加療のため試合に出られないのはもう確定してしまったようですし、
折角今プレミア・リーグで3位なのに、危うし、ボルトン。
しかしこれが中田が勝利に貢献するチャンスになるなら、日本人としてははらはらしつつも期待して見守ってしまうのですが…

ちなみにBBCSPORTSのボルトンのページには、
自分で考える理想のスターターを組んで遊べるコーナーがあります。
ただ、メンバーを配置して、フォーメーションを作れるだけなんですけど、
(対戦シュミレーションみたいなアクティブなものではない)
こうやって故障者ニュースなんか聞きながらやると、
ちょこっと監督気分が味わえなくも無いですよ。
もちろん私はまずH.Nakataを配置します。中田のHPは動かないこのPCだけど、BBCはOKさ!(中田HP、重いですわ)

10月のBolton vs WBA戦のチケットを手にいれられないか現在運動中です。
中田か稲本か、日本人選手が見られる確率が1.4倍(2倍といいたい気持ちはあれど)位ですものね。
ワールドカップチケットの12月発売分も何とかしなきゃなー。
泊る場所のことを考えると観戦ツアーが便利なんですが、
UKから日本チームを観に行くツアーなんてないですよね?
車中泊覚悟でドーバー渡って、フランス横断して行くか、と相方と言っています。
[PR]
by Madorena | 2005-09-28 03:39 | Football a go go!

越南祖母の謎

ベトナム風お好み焼き、バインセオ。
こんがり焼けた米粉と卵の皮と、みずみずしい生野菜や海老の食感、香り高いヌクマムのたれが絶妙なこのお料理を初めて頂いたとき
(多分裏原のサイゴン・デプ・ラムか、ニコタマのジャンズ)激しくデジャ・ヴを感じました。
これは、父方の祖母が作っていた『お好み焼き』そっくりだったんです。

More
[PR]
by Madorena | 2005-09-28 02:29 | 魔法のKitchen

シャロン・オズボーンとジェイミー・オリヴァー

ASDAのCMキャラクターは、先日まで、シャロン・オズボーンでした。(がん治療と映画出演のため現在は降板)

J.Sainsburry'sのCMキャラクターは、ジェイミー・オリヴァー
ちなみにTESCOはタレント使ってないみたいです。(2005年夏の時点)
イメージ=象徴、そのものみたいな起用だなあ、という気がします。

More
[PR]
by Madorena | 2005-09-27 18:07 | Supermarketに行こう

ナカータ on BBC

日曜の朝はプレミアリーグ・ダイジェスト。土曜の試合のハイライト放送です。まあ、起きられたときは、ですけど。
(寝室にテレビがないので。前任者から危ないかもー、とタダで譲って頂いたTVはやっぱり、映らなかった)
最近は割とがんばって見ています。ナカータが出場しているかが気になるので。
今、ナカータは金髪スポーツ刈りみたいなので、
ロングショットで映ってても似たりよったりの選手が多くて
(その上うちはBBC1は粒子が粗くて見づらい)、
「あっ今の左の!」「違う真ん中のだ!」と大騒ぎで探しながらの観戦です。
中村俊介のグラスゴーは一泊じゃないと試合を観にいけない距離ですが、
ボルトンは、イングランド・プレミアリーグだから近くのチームと試合に来ることもあるし、
ボルトンホームで日帰り観戦も可能なので、ナカータが出場する可能性が高ければ、
チケットを手配する甲斐もあるというもの。
もし、出なくても、サッカーは面白いから、損じゃないですけど、せっかくですから、中田選手の活躍、見たいですものね。
これが、クリケットだったら、かなりつらいですが…
来てすぐの頃は、テストマッチさえもTVでやっているので、
横目で見ていたのですが(最初滞在した会社の出張者用のフラットは
TVしか娯楽がなかったし、デビットカードが来るまでお金も無くて雑誌も買えず)
一応、ルールは見ていると、こうなのかなー?という感じはつかめるのですが
何が面白いんだかがどうにも理解できてません。
それはさておき、Boltonのナカータのポジションは層が厚いらしいのですが、
24日はフルに出場して、いいアシストをしていました。
問題はパスがトリッキー過ぎて、味方がまだ対応しきれてない点かも。(相方の解説)
今度はボルトンにManchesterUnitedのコーチが引き抜かれるそうで
中田をさらに生かしてくれるといいなあ。
相方はLiverpoolのEvertonの試合は一度観戦したことがあるそうですが、
特にフーリガンはいなかったよ、といってました。でも予習のためこれ、見ておこうかな?



「サッカーは魔法を使って、すべての人達を夢中にさせる。」ペレ

追記:中村俊介も気になっているのですが、スコットランド・プレミアリーグの情報は、うちの方(イングランド中部)の地上波ではあまりやりません。イングランドとスコットランドは本州と北海道より独立してるんだな(一応違う国みたいなものだから?)と実感します。
欧州各国のも、普通のニュースではヘッドライン程度にちょこっとしかやらないんです。EUROSPORTSでチェックしないとダメみたい。
[PR]
by Madorena | 2005-09-27 02:47 | Football a go go!

突撃!隣のおもてなしごはん

Cardiffには、父の知人のご夫婦(仮にWさん。我々と同世代)が住んでらっしゃいます。
今回、私のメインの目的はWさんご夫婦に会うこと。
相方も、もしレースが見られなくてもその訪問が出来れば無駄じゃないな、と言ってくれました。
カーナビ君によると、Wさんのお宅はCardiffBayのすぐ傍です。
スタジアムで夜のステージのチケットをゲットし終え、
心も軽く走りつつ、お土産を途中で買おうとキョロキョロしながら走っていたのですが…
花屋さんらしきものが、ありません。
TESCOがあるけれど、TESCOで買っていくのはどうもあまりにあれではないか。
(日本でいうとJUS○Oかダイ○ーで買う感じ)
というわけで、カーナビ君のPOI(何の略なのか未だ未確認)で、"SHOPPING"を探します。
ベイのもっと先に、Marmeid quayというショッピング・モールがあると出たので、
そこに行ってみたのですが…
まだまだテナントのバラエティは少なく、お花屋さん、チョコレート・ショップ、
ワインショップといったものはありません。
相方はアート・ショップでキャンドルホルダーを買おうと言いましたが、
初対面の方にそれはあまりに冒険だと私は強硬に拒みました(ほぼ喧嘩した)。
お付き合いもまだメールや電話どまりで、
趣味もまったく見当つかないお宅にそういうのって、強引ですよね?
結局テスコエクスプレスで、シャンペンを買っていくことになりました…

((C) http://www.freefoto.com/ )

More
[PR]
by Madorena | 2005-09-26 20:27 | WRC2005 GB