<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Don't kill cock robin

今朝、裏庭にこまどりが来ていました!
写真を撮りたかったのですがズームに限界があるので点でしか写ってなかったです。
というわけで

こんなのです。
F.H.バーネットの『秘密の花園』が大好きなので、見られてとってもうれしい。
寄せ植えの飾りなどの作りもののこまどりしか見たことなかったんです。
ここで声も聴けます。

以下、画像はすべて(c)英国王立野鳥の会(勝手に訳)

あと、ブラックバード(くろつぐみ)もよく来ます。

いつもマザーグースのパイの歌を思い出します。パイを開けたら歌うなんて楽しいけど、それじゃあ食べられない。
すずめはあまり見ません。ドリトル先生のチープサイドもロンドン・スズメだったから都会にしか居ないのかな…
うちは海が近いので、カラスよりかもめがよく飛んでいます。
スーパーの駐車場の頭上でかもめが舞ってるというのもなんだか不思議な眺めです。
ツバメは夏に何度かみたかな。
雲雀は、姿はあまり見ませんが、声はよく聞きます。
去年来てすぐ居たフラットは裏手に樹が多くて、5月末なので
4時過ぎから鳥が歌いまくってくれまして、特に雲雀がにぎやかでした。
こんな声 

UKの鳥のさえずりは、なんだか日本よりアリア調というか音楽的です。

時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡(かたをか)に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛枝(かたつむりえだ)に這(は)ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。
R.ブラウニング/上田敏訳(海潮音)
7時からというのは詩人が起きたのがその時間か、詩的空想ですな。春でも5時から啼いてます…
[PR]
by Madorena | 2006-03-31 19:14 | Love shack おうちあれこれ

When the doves cry

隣家の都合で、裏庭の隅に生えていた樅ノ木が引っこ抜かれました。
根が隣の庭とグリーンハウスを侵食していたらしいです。
こういう話は家を所有する会社と隣家がうちの頭越しにして、事後承諾で連絡が来ます。
面倒がないけれど、うちの意見抜きで進められるのはあまり面白くない。
現に、うちの裏手のpublic path(舗装していない、
住宅の合間を抜けていく散歩道のような細い道)を隔てた家の二階からは、
うちの裏庭とそこに面した側が丸見えになってしまっています。
(キッチン、ゲストルーム、クロゼットルームにしてしまったもう一つのスペアベッドルーム、
メインのバスルームのある側。バスルームは外から見える窓は全くないですけど)

少々むっとしながら洗い物をしていますと(流しは裏庭を見渡す窓と向かい合っている)
芝生に何かがじっと座っています。
…グレーの鳩です。
最近、public pathとの境の塀や、pathの側から枝を伸ばしている樹に
よく留まっている鳩がいて、巣でも作っているのかなあと思っていましたが…
(そうだとするとナーバスだろうからとあまり裏に出ないようにしていた)

もしかして、抜いた樹に巣作り中だったのでしょうか。
思い当たった瞬間、鳩と目があったような気がして慌てて逃げました。
恨むなら、隣を恨んで!と内心念じつつ。
抗議行動としてのsit-inでしょうか。
正直、鳩は嫌いですが(鳥は全般に苦手)、猫も一匹程度うろつくだけの
鳥には平和そうなこの界隈で巣作りと子育てしたいのなら、
それは生き物としての権利だろうと寛大になっていたのに…

しばらくしてこっそり見たら居なくなって、翌日からは見かけませんが、
空っぽになった隅を見るたびに少々心が痛みます。

Oh, give me my lowly
Thatched cottage again;
The birds singing gaily,
That came at my call:
Give me them and that
Peace of mind, dearer than all.
Home, home, sweet sweet home,
There's no place like home,
There's no place like home.

Home sweet home/John Howard Payne
[PR]
by Madorena | 2006-03-25 06:16 | Love shack おうちあれこれ

ASDA CAFEでW&G発見

今日は天気もいいので、学校の帰りにASDAに寄ってみました。

目的その1 ASDAでしか今のところみかけない、このビール専用グラスを買うため


相方がベルギー出張の際か何かに飲んで気に入ったらしいのですが、イギリスでも売ってます。ホワイトビールです。このレーベルで何種類かありますが、相方のお気に入りはGrand Cruという種類。この専用グラスに注ぐと泡の立ち具合だか立たなさ具合だかがいいんですって。
私はもともとビールが苦手で、特にホワイト(ドイツだとWeiss系)は穀物の香りが濃厚なので一口しか飲めないのですが、5月に両親が来るときは飲んでみたがるかもしれないのでもう二つ買いました。いずれもう二つ買って6個セットにしようかな~と思ってます。EdinburghCrystalで背の高いタンブラーも買ってあるのですが、ビールグラスは使用頻度も高いので、2セットあってもいいかなと。

目的その2 みかんジュース購入 


最近お気に入りです。TESCOのジュースも、ロングライフの濃縮還元(デルモンテのV8野菜、ざくろなど)を含めてもバラエティに限度があるので(私は飽きっぽいし、メイン消費者の相方はパイナップルや桃入りを拒否します。朝はボーっとしているので大抵何を出されているか気づかないんですが、桃だけはこっそり混ぜてみたら気づかれた)時折ASDAやSainsbury'sで買って変化をつけます。ASDAはFrom Squeezeでも結構安くて変わったのがあって楽しいです。クランベリー&ブルーベリーとか、洋梨+葡萄とか。

目的その3 たけのこの缶詰購入
何でか大変小さい細切れなんですが、この水煮缶詰、
うちのような少人数家庭使いきりサイズで重宝しています。
中華材料屋さんのは大きくて、(日本のと違う根曲り竹かなあ)
一度開けると毎日筍攻めに…相方は好物なんで喜んで食べるんですが。

で、上記ミッションを果たしてレジを済ませ、出ようとすると、
店内カフェのセルフサービスコーナー(サンドイッチやミルク、ジュース、りんごなどが積んであって、自分でとってお会計して中で食べられる)の上段に、Wallace&Gromitの絵のカートンが!思わず近づいて蓋の隙間から覗いてみると、どうもスナック(クリスプ?)とテトラパックジュースと、ちょこっと甘いものらしきものと、キャラクター玩具が入っている気配。
しかしこの国の常としてレジにもってかないと値段がわからない状態です。
かつ、覗いてみた範囲では全然食べてみたい感じのものもない…
(空腹だったんですが、空腹時にお菓子は食べたくないたちです)
これにお金使うなら、そのASDAではまだ見かけたP&GCaddyを買うべきだろうという理性の声に従って(人目が多い場所なので写真も撮れなかった)立ち去りました。
でも、ちょっと惜しかったな…
[PR]
by Madorena | 2006-03-23 05:52 | Supermarketに行こう

Check it out

ワールドカップのチケット(byEMIトラベル配布分)の代金が
クレジットアカウントから引き落とされたので、来月あたまままでに、
振込みにいかないといけません。

これがどういうことなのか未だ理解できず、多分理解しないまま帰国するんだと思いますが…

我々は、この国の都市銀行(でいいのかな?とにかく普通の全国チェーンの銀行)に
相方と私の共同名義の普通預金口座を持っています。
その口座引き落としのDebitCard(即時引き落としカード)と、チェックブック(小切手帳)と、ヴィザのクレジットカードも発行されています。

でもこのクレジットカードを使うと、その使用分を普通預金に毎度振り込まねばなりません。
買い物した店には引き落とされる(から超過利息は取られない)んですが、
銀行への支払いを忘れると、カード停止されちゃうんです。

…同じ銀行の同じ口座から引き出してまた入れるという
この不可解な経路は誰がどう得をするのか全く理解不能です。
というわけで出来る限りクレジットは使わないようにしているんですが
今回のチケット代金なんかはデビットが使えないし、チェック不可だったし、
パリまで払いに行くついでも無かったので、仕方なく。

額が多め(100ポンド弱、2万円)なのでチェックで払ってきなさいと
相方は簡単に言いますがこのチェック切るのもまだ一桁回数しかやってないので苦手です。
(アメリカで大口の買い物は全部親名義カードで済ませてプチ・パリスだったツケが今頃回ってきた)
チェック(小切手)切るには数字を文字で書かないといけないんですが、(日本でも手形はそうですね。でも建築業とか、不動産関係でもないと手形って一般の人は切らないですよねー)
普段、ninty eight pounds and eight pence only------なんて書かないので間違えやしないかと緊張しますし、また、そういうときに限ってボールペンのインクが切れてたりするんだもん。
[PR]
by Madorena | 2006-03-22 16:36 | Love shack おうちあれこれ

The World's greatest actor 100

毎度おなじみCH4のベスト100シリーズ、今回はもっとも偉大な俳優、ですが
"based on poll results canvassed from the acting community on both sides of the Atlantic"
つまり英米の俳優の投票に基づくベスト100、Actor's actorというのです。
結果はこちらですが、
一応ここでも引用してみますね(後で消えちゃうかもしれないので)太字は現時点で現役の俳優さん。


50. James Dean
49. Dennis Hopper
48. Burt Lancaster
47. Sidney Poitier
46. Vivien Leigh
45. Orson Welles
44. Greta Garbo
43. Steve McQueen
42. Alison Steadman
41. Helena Bonham-Carter
40. Denzel Washington
39. Tom Hanks
38. Charlie Chaplin 37. Charles Laughton
36. Gary Oldman
35. Frank Sinatra
34. Rod Steiger
33. John Mills
32. Gena Rowlands
31. Gene Hackman
30. Brad Pitt
29. Kate Winslet
28. Judy Garland
27. Humphrey Bogart
26. Meryl Streep
25. John Gielgud
24. Peter Sellers
23. Cary Grant
22. Albert Finney
21. Dustin Hoffman
20. Maggie Smith
19. Sean Penn
18. Edward Norton
17. Bette Davis
16. Montgomery Clift
15. Daniel Day-Lewis
14. Christoper Walken
13. James Stewart
12. Richard Burton
11. Alec Guinness
10. Spencer Tracy
9. Katharine Hepburn
8. Judi Dench
7. Jack Nicholson
5. = Robert De Niro
5. = Al Pacino
4. Laurence Olivier
3. Anthony Hopkins
2. Johnny Depp
1. Marlon Brando

皆、ゴッドファーザー、大好きだなあ!
確かにすごい映画ですよね。10数年前、シカゴ駐在中の両親の家に行ったとき、
ケーブルTVの年末特集で一挙全作放送やったんです。
CMなしだけどディレクターズ・カット版か何かで10時間位かかるのを、
父親と暖炉にあたりながら見ていたんですが、
あのテーマ音楽といい暖炉の炎といい眠気を誘うもので半分は夢の中でした…
銃声の度に起きてましたけど(笑)

あの若さで2位に入るJohnny Deppもたいしたものです。
個人的に、あれ?何で入ってないの?だった人は
River Phoenix
John Malkovich
Jody Foster
Cate Blanchett
Gwyneth Paltrow
Susan Sarandon
Jessica Tandy
Lillian Gish
Uma Thurman(でもこの人は大向こう受けのする作品少ないか…)
対象は、多分英米の俳優さんだけのようですね。
カトリーヌ・ドヌーヴとかブリジット・バルドーとかソフィア・ローレンとか
マルチェロ・マストロヤンニとかが居ないから。
[PR]
by Madorena | 2006-03-18 05:53 | エンタの天使

Here,there, everywhere

昨日はLiverpoolのTateMuseumに行ってきました。
お友達が、珍しいマチスの風景画があるから観にいきましょうと誘って下さったので。
Lime St.の近くのイタリアンでお昼をいただいて、小雨そぼ降る中Albert Docへ。
日本だと横浜みなとみらい21や小樽の倉庫街と同じ感じに、
倉庫を修復したウォーターフロント・エリアです。
↓Dockから望むThe Royal Liver Building
c0031510_17213962.jpg

Pennyrainという雰囲気でしょ?
↓これがミュージアムです。
c0031510_17293322.jpg

ロゴが何かに似ていると思ったのですがリンク先の写真で思い出しました。
これだ!

ちなみにチョコバーです。

入ったところでTurner on the SeaというTurnerの展示特集がありました。
Turnerはほとんど見たことがないのでとりあえず見物。
水彩のスケッチがいっぱいあるので照明が落としてあり、
フラッシュは焚けないのでこんな写真しか…いや絵自体もよくわからない画面だったんですよ!ほんとに!↓
c0031510_1732051.jpg

水彩はたまに筆を拭いただけじゃなかろうかというのもありましたが、
それは見る側の芸術的感性の欠如のせいなのは重々承知しております。
(しっかり描きこまれた油彩より、もやもやな水彩の方が部屋に飾っておくと
気分でいろんなものに見えて楽しそうだと思いました。←ロールシャッハか?)

お目当てのマチスのランドスケープ。
c0031510_17342654.jpg

Notre Dameだそうです。
彫刻もありました。毎度思いますがマチスはのびのびしてていいな。
c0031510_1735644.jpg


突っ込み上等
[PR]
by Madorena | 2006-03-15 17:40 | Let's go お出かけ

グールミット、チーズ持ってきてよ!

りささんの日記で登場したウォレス&グルミットのチーズを拝見して、
まだ出し忘れていた写真を思い出しました!
アカデミー賞&BAFTA受賞&日本公開記念ということでお蔵出しします。
こっちではもうDVD出てますね。

c0031510_18281160.jpg

昨年夏ころASDAで見つけたソープディッシュ。
c0031510_1828306.jpg

角度を変えてもう一枚。
c0031510_18292326.jpg

年末、スーパーで見つけたW&Gチーズとクラッカーとチャツネ(かレリッシュ)セット。
チャツネのタイトルが"Middle aged…"だったのが可笑しかったです。
W&Gの第一作~三作をNHKが公開した頃、"MOE"という雑誌でW&Gを特集したのですが、そのとき初めてウォレスがMiddle agedって知ってちょっと衝撃でした。
ウォレス氏、ルックス上は年齢不詳(大将のアテレコもそんな感じ)なので、30そこらかと思っていまして…
レジに並んでいたとき見つけたので買えませんでした。残念。
ウェンズレーデールは、ブルーから試して、とってもおいしかったです。
今度はブルーじゃないの買ってみよう。

その他、わたくしのブログでのW&Gグッズ関連の記事はこちらこちらです。
[PR]
by Madorena | 2006-03-14 18:36 | Supermarketに行こう

Blizzard、Blizzard

今日は3月の12日なんですが。
挨拶代わりに皆、イースターホリデイの話をしているんですが。

c0031510_23485258.jpg

うちの前
c0031510_23491540.jpg

裏庭

相方は明日会社に行けるか心配中。
私は火曜日、お友達とギャラリーを観に行ってランチもする約束を楽しみにしているので心配中です。

今日は相方の同僚さんファミリー(イギリスの人)がランチにくる予定でしたが、とても危ないのでキャンセル。
月末に見えることになったので、つくねだんごやらカレー、豚カツ肉は急遽冷凍庫へ。
昨日買って来た生の海老はもったいないので昼に揚げて食べてしまいました。
相方は山盛りのエビフライが食べられてちょっと幸せだそうでした。
揚げ物はおいしいけど作ってると油まけしちゃってあんまり食べられないや…
[PR]
by Madorena | 2006-03-12 23:50 | Love shack おうちあれこれ

Peach, Strawberry, Nectaline, Chamomile. Olive



最近のお気に入りです。運動不足もあって腕や脚が乾燥するなあ、
ローションかクリーム塗らなきゃと思っていたところに
Buy 1 Get 1 freeセールしていたので買ってみました。
200mlで£5、2個めはタダですから、実質£2.5(500円ちょっと)。
オリーヴオイル入りの割に塗った後もべたつかず、
桃と葡萄の香りが甘くていい気持ちです。
ボディウォッシュも同じシリーズのカモミールミルク+オレンジで、
今使っているロレアルのシャンプーもトロピカルフルーツ系の香りなので、
今は全身、フルーティ。


香水もChris1947で、ストロベリー&ピーチでまとめている、のですが、

石鹸の匂いの制汗剤がそそる、というレベルの相方はぜんぜん気づいてません。ちぇー
東京で小生意気トップランナー高校生だった私や同級生、10代でプチサンボン?中学生じゃなくってよ、と斥けてたのに、そういう青臭い趣味の男と暮すとは、世の中わかりません。ちなみに高校時代、夜遊びにはわざと古風なDiorissimo、親や目上とお出かけにはEsteelauderのWhiteLinenなどを使っておりました。
[PR]
by Madorena | 2006-03-11 03:10 | In my head

UKのご家族をお招きしよう

相方が、「出張に来ていたとき観光に連れて行ってくれたりした
同僚(こちらの人)を近々、一度招びたい」というので、
「どんなメンバー?」と訊くと、多分その同僚+会社外のその人の友達という男性陣を
一杯と夕食に誘う感じで、あまりエキゾチックなものは食べなさそうだ、というので
おつまみにチーズ、野菜とディップ、冷肉にサラダ辺りを出して、
日本式カレーライス(と言っても私の実家式は英国風に近いです)で仕上げますか、
と考えておりました。

それが、さっき電話で
「今週日曜のランチに、
奥さんと子供(幼児)連れで、
日本食食べてみたいっていうんやけど、
奥さん妊娠中やからナマモノなんかは避けて」

うーむ、スモークサーモンの押寿司は見た目も派手で日本ぽいですがこれも無理。
普通のUKの方がおいしく食べられる日本食ってとっても限られると思うんです。
西洋人の多くの方はかつおだしはダメだし、妊婦さんは敏感だからなぁ。

というわけで現在検討しているメニュー

紅茶豚(紅茶と醤油で煮て冷やした豚肉)
アスパラガス、葱、ラディッシュ、クレソン添え
豆板醤たれ/マスタード

ワンタンスープ

日本式ハンバーグか鶏の唐揚げ
ポテトサラダ(人参、きゅうり、ハム)
ごはん

杏仁豆腐 いちごか桃缶詰添え
チョコレート
紅茶か緑茶かウーロン茶

ところがどっこい
[PR]
by Madorena | 2006-03-09 03:23 | 魔法のKitchen