<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Cheese horror day

Wallace and Gromitと同じくらい、チーズが大好きな私は
この国でもいろんなチーズを試す気まんまんで来ました。
が。
イギリスのチーズって違いが私の雑な味覚には微妙すぎるようですの。
一応テスコの棚だけじゃなくジャーミン・ストリートの王室御用達店や
メリルボーン・ハイ・ストリートの専門店も訪ねて
いろいろテイスティングしたりもしたんですが
おおざっぱにいって、
カテージチーズ、
スティルトンとそれの親類のバクストンやシュロープシャーといったブルーと、
チェダーとそれと五つ子のように似た
グロースター、レスター、ダービー、チェシャー、といったセミハードタイプ。
Wallaceご贔屓のウェンズレーデールは少しあっさりしていますが
一番さっぱりしているのはちょっと固いサワークリームのような
ウェールズのケアフィリかな。
国産の羊や山羊のチーズはまだマイナーなようで、
スーパーの棚は6割はチェダーといってもよいでしょう。
マイルド、ミディアム、マチュア、ヴィンテージと熟成度が上がるにつれ濃い味になるのですが、
人間は段々強い刺激を求めずにいられないもので、常用になったのはヴィンテージです。
それも特に好きなのはSeriously strongというブランドのVintage。
c0031510_6461837.jpg

最初セールだったのでふざけた銘柄だと思いながら買ったら病み付きになりまして、
最近近所で手に入らなくなったのは残念至極です。体には悪そうなのですが…
ホールミールのパンでチーズトーストにするとまたこれが美味なのです。
(こっちの人はチーズトーストにさらにWorcesterソースをかけるので
どんだけ塩分好きなんだという感じ)
ブルースティルトンはぼろぼろ砕いて、刻んだくるみと一緒に
レタスと混ぜてちょっと醤油を垂らすのがお気に入り。

山羊のチーズがほしかったり、
ハードタイプを削って食べたかったりするなら、
それこそテスコでもヨーロッパのメジャーなチーズはそこそこ置いているので、
Port Sault(つづりはあまり自信ないです)もパルミジャーノレジャーノも
ブリーもカマンベールもカンボゾーラもマスカルポーネもフェタもモツァレラも
ミモレットもタレッジョもエメンタールも買えます。
しかしその中で一ヶ国だけ、手を出せなくなった国が出現しました。

敢て名は出しませんが。
[PR]
by Madorena | 2009-03-04 07:20 | Madorenica