<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

D for Deutchland in UK

Dというと積年ミーハーしている某現在4人組と期待されたかもしれませんが(笑)
まあ英語ではGermanyですが、あくまでもわたくしにはドイッチュラントなこの国には5年住んでいましたし、今も当時の同級生が二人(駐在で行く人は入れ替わるのでノーカウント)住み着いていたりと、ご縁がある国なのであります。
住んでいた時分でも、どうもこの国は技術や経済ではよそに勝ってるのにヨーロッパでは田舎モノ扱いされてるような感じはうすうすしておりまして、そこがまた日本人と相通ずるので親近感あったりもしました。
そんな感じを踏まえてUKに住んでみると要するに戦勝国からすると未だにドイッチュラントは侵略してきた敗戦国なんですわ。ナ〇スの記憶よりも戦死者がおびただしかった第一次大戦の方が傷跡深いみたいですが。
ドイツに思い入れがある日本人としては、英国コメディ・スケッチの金字塔の『Fawlty Towers』の「The Germans」の回だけは笑いきれなかったりします。バジル(ジョン・クリーズ)経営のホテルにドイツ人一行が泊りに来て、バジルは「戦争の話だけはしちゃだめだ」と騒ぎつつ戦争の話ばかりするわ、ドイツ語を喋ろうとしてハイル!と言い出すわ、いかにイギリス人がドイツ人嫌いかをむき出して笑いをとる内容なので。
まあそんなボッシュ(ドイツ人のことをあのドイツっぽ野郎的に言う言葉。なのでBoschという機械類のブランド名をUKで見ると物悲しい)の扱いなのでドイツ製品はUKの片田舎では滅多にお目にかかれません。特に食品。移民と出稼ぎの民のためにTESCOにもチャイニーズ(インド以外はタイもマレーシアも日本もごったまぜのなんちゃってが多いですが)(インドのも多分パキスタンとごちゃごちゃかも)とポーリッシュの棚があり、チョコレートの棚にはスイスとベルギーが君臨し、ビスケットとジャムにはフランスが幅を利かせ、オイルとパスタにはイタリア(やはり敗戦国なのに美味しさが勝ったのか?)が溢れているというのに、ワインの棚にかろうじてあっまい白ワインがある位。(あ、Hariboのグミはあったんですが私グミが嫌いなので忘れてた)
しかしそんなある日、バスストップの裏側に新しいスーパーが出来たというので覗きに行ったら、それがドイツでトップを争っているという(私が住んでいた頃あったのかは記憶にありませんが…)ALDIで、なんだかヨーロピアーンなお菓子や瓶詰や加工肉がいっぱいあるではありませんか。
嬉々としてボロニアソーセージ風やTurkeyののカルテシュパイゼと、スパイスが効いてそうなのと白らしいヴルストを買って帰り食してみました。
UKでいうソーセージは基本的にひき肉団子なので日本人が期待する滑らかでぷっちぷちな食感というのはありません。オーガニックファームの手作りの美味しい部類でも、イタリアンのパスタでハーブを利かせたミートボール(アメリカだとイタリアンソーセージという)が入ってるのがありますね、あれみたいなんです。
それに比べれば食感はヴルストと認めていいぷっちぷちでしたが、ちょっと塩がきつくて(UKにあわせた仕様だったのかも)うまみに欠けるので、その後は手が出ませんでした。ドイツ本国で食べたらやっぱりお肉の味がお口の中でじゅわじゅわ祭りの美味しさだったので過去の記憶の美化(美味化?)ではありませんよ。
でも何でかそこのオウンブランドの味のこゆいケチャップを相方が気に入ったので、時々それを買いには行ってました。ドイツでもう一方の雄だというLiDLもLiverpoolに行く道すがらにあったのですが入りにくい道だったので結局行かなかったなあ。

あ、そういえばクリスマスの時期だけはあちこちの街の広場でドイツのクリスマスマーケットが出店してました。屋台を作ってジンジャークッキーやりんご飴やグリューワインやシュトリューデルやブラート(焼き)とボック(ゆで)のヴルストを売っていましたわ。あんまりツリーのオーナメントは売ってなくて(UKのはガラスの飾り物が多く、ヴィクトリアン調はロウ細工風か真鍮細工風なので木製のはあわなかったのかも。ちっちゃいし)くるみ割り人形やインセンスを中で焚く煙草人形、ろうそくで回る天使の飾り物はよく見ました。アドヴェントカレンダーもリンツだけじゃなくキャドバリーなども出していて、何故かクリスマスになるとドイツ風もOKになるのかは謎のままでした。イタリアのクリスマスケーキ、パネトーネもよく売ってたっけ。
[PR]
by Madorena | 2010-06-28 18:26 | Madorenica