A Nice Cup of Tea

駐在も残り1年ちょい(の予定)となると、心残りが無いようせかれて参ります。
というわけで、近所のTea Guild認定というTeaRoomに、りささんをお誘いして行ってきました。
最近雨ばかりのイングランドには珍しくFine dayだったので10分ほどの距離を歩いていきました。
c0031510_20305574.jpg


c0031510_20311687.jpg


こんな看板も…
c0031510_20314911.jpg

(実は今日、行こうとしていたら、最近の雨で実が皆落ちちゃったといわれ中止に。
露地だから仕方ないんですが残念)

TeaRoomはヴィクトリアン・エイジ風の可愛らしい飾りつけですが、茶器はシンプル。
c0031510_20331576.jpg

りささんは薔薇の花弁入りのチャイニーズ・ティーにスコーン、クリーム、ジャムのクリーム・ティ。
私はTeaRoomのブレンド(ダージリンが主という感じでした)のクリーム・ティに、特注という薔薇のアイスクリーム。
c0031510_20354787.jpg

確かにほんものの薔薇の香りがふわっと広がって、すてきなお味でした。
(先月2つローズガーデン巡りをしたので、しばらく薔薇にはうるさいです(笑))

スコーンは普通でしたが、お茶はなかなかおいしかったです。
サーヴしてくれたのが、ギリシャ人のおじさんだったのにはちょっと驚きましたが。
でも、紅茶が好きで本物のお茶を出したいと思ったら、UKに来るのは自然でしょうね。
紅茶はやっぱりここの水で出すのが一番おいしいように出来ていますから。
アガサ・クリスティのセント・メアリー・ミード村の気分を味わいたい方にはお勧めできる感じです。(11月以降の吹き降りの日には、ルース・レンデルないしミネット・ウォルターズ気分に差し替えられます)

ついでに
[PR]
# by Madorena | 2007-07-27 21:41 | Let's go お出かけ

Harrods Rocks(Born to rock)


(C)Big Time TV
長らく放置しておりましたが、こちらもそろそろ動かします。
ブログは鮮度、ということは重々承知ですが某SMSとの使い分け上、ここは以前の旅行や英国生活の話、あちらは日記とちょこちょこした話にしようかと思います。

とりあえず復活の皮切りは、景気よく、週末のLondonから。
Harrodsでやっているに"Born to Rock"exhibition行こうよ、とHollandの友達Mさん(日本人)に誘われまして。
彼女のお目当ては、Nick Rhodesがデザインしたギター。
こんなのです。ネオンカラーでピンク、ブルー、ペールグリーンと変化するのですが、白っぽいのでイマイチ地味だったな。
c0031510_359530.jpg

私は、大好きなRock&Fashionのコラボレーション全部。
土曜ということもありかなりの盛況でしたが、半分以上は同じ年代(サーティー・フォーティ・サムシング)でした。ジミヘンやストーンズ、ブライアン・アダムス、デュランデュランから最近のバンドまでまとめて面白がるのはそういう年代なんだろうなあ。日本だとMusic Life買ってたような。その年代でタダのexhibitionをのんびり楽しんでいる人は、ローン返済や子育ての傍らやんちゃな遊びも忘れきれずまだまだコンサート行ったり若かりし日のアイドルバンドの限定版だのリマスターを思わず大人買いしてしまうので出銭が減らないのか、シャンパン・カウンターに寄り付く人もいませんでした。モエかなんかがスポンサーなので出していたようです。

More
[PR]
# by Madorena | 2007-02-19 18:06 | Let's go お出かけ

おとこのこってなんでできてる?

7月から、知人にご紹介いただいたとあるボランティアに週1度ほど通っておりました。
子供のSummer schemeのお手伝いで、日本だと昔『児童館』と言っていたのに近いと思います。
10時から3時まで近在の概ね10歳以下くらいの子供が集まっててんでんに遊び、お昼とおやつを食べて帰っていく集まりです。中学生も何人かお手伝いに来ています(普段は学校の放課後、同じ子供たちが同じ場所に集まっている)。
私が何をするかというとおもちゃの準備や修理、遊びの手伝い、お水やおやつの補給、トイレットペーパーやペーパータオルの補給、皿洗い、掃除(要するに何でも)といった雑用で、役に立ってるのか自分でもあやふやだったんですが、猫の手程度にはお役にたったのか、休暇に行く前の最後の出勤日に所長のおばさまに「次は9月12日からだからよろしくv」とがっちり手を握られてしまいました(笑)これもご縁なので今年いっぱい(11月中旬くらいまでだそう)は通います。1ヶ月見ないと子供の名前忘れてそうだなあ…そうでなくても、Wainが3人、Markが3人(分布状況はこんなですが実際は違う名前です。プライバシー保護のためFootballerの名を借りてみました)といった調子なので混乱します。日本の公園でもタックンとエリカチャンだらけだと友人か従姉が言っていたような気がしますが、日本は子供だけですね。相方は会社がKevinとPhilだらけだとこぼしておりましたが…あ、でも田中さんが3人、鈴木さんが3人なんてことがあるか。
それはさておき、そのボランティアのある日、たしか、Cerebral Palsy(脳性小児麻痺。らいおんみどりさんのところで覚えました、ありがとう)な男の子(11歳くらい?special needsかどうかと多分関係なくきかんぼう)が建物の裏手に行ったので心配になって追いかけていきますと、暗くて湿った茂みの中に突貫していって、…えんえん30分、
カタツムリ(これがまたいくらでも居る)を拾い
カワイイカワイイとなでなでして
地面に放り出して踏みにじる
ということを繰り返すのを傍観しておりました。「かわいそうだから止めよう」「ここは暗いから外に出よう」と口説いても聞いちゃくれません。
教育と名のつく訓練は1つもやったことがなく(教職すらとってません。子供の集団を扱う器量は無いと見切っていたので)まして障害のある子をどう扱っていいのかの知識がないので、引っ張り出していいのか、怒っていいのかもわからず、ひたすら傍観しかできませんでした。そこらは鉄管やら工事コーンやら危険な粗大ゴミも散らばっているので、放置して建物に戻るわけにもいかなかったのです。一度私が戻るそぶりをしてついてくるかな?と見ていたら、その手のゴミを隣接するテニスコートの金網に投げつけるという所業に出てくれましたし…
その間建物では避難訓練をしていたらしくスタッフの一人が探しに来てくれなかったらカタツムリが絶滅するかその子が飽きるかお昼になるまでそのgenocideに付き合わされたんじゃないかと思います。よその子扱うって難しい…

マザーグースのあのフレーズの真実を実感した日でした。
What are little boys made of?
Snips and snails,
And puppy dog tails

おとこのこって なんでできてる?
かえるとかたつむりと、こいぬのしっぽ。
[PR]
# by Madorena | 2006-09-01 15:57 | In my head

夕陽の美しい島でした

フライングで、夏休みのカナリー諸島、Tenerifeの夕焼けをお届けします。
c0031510_1422790.jpg
c0031510_1431335.jpg

[PR]
# by Madorena | 2006-08-23 01:43 | 2006夏 Canary諸島にて

クレイマー、クレイマー

この記事で書いたように、去年から、使っているT-mobileの携帯が海外でローミング出来ないトラブルを抱えておりました。
ドイツで、相方(やはりT)とSIMカードを取り替えてみたところ、10秒でネットワークに接続したので、これはやはり携帯本体ではなく、SIMカードの問題と判明。
(注:SIMカードとは着脱可能なICチップ内蔵カード。このカードには携帯電話番号などのモバイルコミュニケーションに必要な情報が記憶されている)

早速帰宅後T-mobileのカスタマーサービスに「SIMが不良品だから替えて下さい」とメールしたところ、
「新しいSIMをお送りしますが、10ポンドかかります」と返事が。

ここで、プチっと来ました。どうして人はアドレナリンが噴出すると英語がすらすら出てくるのでしょう(笑)
↓以下が私の書いたとおりのメールの文面です。
Thank you for quick response.
I cannot understand why I have to pay to fix my trouble. I already paid for
my phone with T-mobile's SIM and it is not my mistake to get defective one.
I think T-mobile is responsible for replacement because T-mobile has to
supply normal working SIM to user.
※I don't seek compensation for inconvenience in foreign country caused by defective SIM, I just need replacement.
Please give me replaced SIM card working in T-mobile network area as well as in UK.

意訳:
迅速なご対応ありがとうございます。
(ところで)なんでこの問題の解決に私がお金を払う必要があるのでしょうか。
もう携帯とSIMに一旦支払いはしているんですし、不良品に当ったのは私のせいではありません。
御社は正常なSIMカードをユーザーに提供する義務があるんですから、代替品を提供する責任があります。
※海外でこの携帯が使えなかった不自由さについて損害賠償しようとはいいません、代替品だけが欲しいのです。
どうか、UK国内同様に海外でも使えるSIMカードを送ってください。

以前、消費者問題を扱う職場に居たことがあるんですが、合法ラインでのクレームのコツの1つは、「ふっかけておいて、妥協案と見せた本来の要求を通す」ことにあります。
※のところで「やろうと思ったら海外で使えたはずなのに使えなかった分の損害賠償の訴訟を起こせるんだから」と、もっと大ごとに出来るんだぞ、とちらつかせたのが、(本気だったらこれも全く合法に請求できます)利いたようです。しかし自分でこのクレーマーのテクニックを使う日が来るとは思わなかった…

そして即座に返って来た返事が
I'm sorry to hear you're unhappy with this and I can appreciate why you don't think it's right to have to pay for a replacement SIM.
I've looked into this for you and as a gesture of goodwill, to apologise for the inconvenience, I'll send you a SIM card free of charge.

意訳:ご迷惑をおかけしました、仰ることはごもっともですので手を尽くしてみまして、お詫びとしてSIMをタダでお送りいたします。

というわけで今日、私は新しいSIMカードを獲得いたしました。しかし、ごねた方が得ってそれもどうかと思います。タダでくれるんなら最初からくれればいいのに。

そのSIMカードの郵便と共に、今度はScottish Powerから42ポンド払ってないよという督促状が。(電力供給会社です)
でもそこに書いてあるカスタマー番号が今までの請求書と違うし、オンラインでログイン(カスタマー番号と郵便番号を入れると、今の請求額や支払い履歴が見られる)も出来ません。
また明日から、新たな戦いかと思うとぐったり疲れますが、これもこの国のかたちです。

A wise man will make haste to forgive, because he knows the true value of time, and will not suffer it to pass away in unnecessary pain.
Samuel Johnson
"man"は抽象代名詞ということで。
[PR]
# by Madorena | 2006-06-30 04:00 | Love shack おうちあれこれ

ちょっとだけよ

ドイツ某所に飾られている、代表全員サイン入りの本物ユニフォーム。
ちなみにとあるテストマッチで使用のボール10数個も寄贈されているそうです。
今はまだ内緒にされてるので、どこにあるかは秘密です。

c0031510_18403967.jpg

[PR]
# by Madorena | 2006-06-27 18:40 | Football a go go!