ロッキン・ロビン・ハウス

先日から、裏庭の蔦の這う塀にしきりに駒鳥(コックロビン)が入り込んでいるなあ、
と思っていたのですが、なんと蔦の合間に巣を造っていたのが判明しました。
私が包丁使ったり洗い物をする流しは裏庭を見渡す窓に面しているのですが、
皿を洗いながらふと目をやると、虫をくわえた駒鳥が蔦の合間にとまったとたん、
ピイピイ言う声とともに◇という形が5つほど現れたのです。
望遠レンズがあれば、写真をお目にかけたいところですが、普通のデジカメでは
ボンヤリ赤い点(親の胸の色)が写るだけで残念です。
「秘密の花園」のディッコンとメリーとコリン同様、
私もその巣と卵(雛)は親鳥にとって胸が痛むほど大切な、代えがたい宝であることは
理解しているので、近づいて写真を撮るのは言語道断ですし…
巣立ったあとに巣を見るくらいは許されるでしょうけれど。
うまく皆巣立ったら、何かいいことありそうな気がします。
双眼鏡で親のえさやりや雛が動くのを時折観察していますが、
雛はみるみる丸々してきているので、今月中には巣立つかな。
駒鳥をそれぞれ見分けられるほど観察眼が無いのですが、先ほど、目の前の栗の木の枝で成鳥の新たな生産活動らしき行動が行われておりました。同じ親のつがいということがありうるのかしら…ワンシーズンに…

タイトルは"シュガシュガルーン"のキャラにひっかけてみました。
今アニメやってるんですってね。安野モヨコ好きなのでいつか読んでみるかも。
まずは、『働きマン』の続きからですが。



追記:先日、お友達数人が遊びに見えて一緒に食事に行って、帰ってきたとき、家の前の道路をHedgehog(ハリネズミ)が横切ったのをお友達が見つけて、皆で車を降りて、斜めお向かいのおうちの茂みにもぐりこむまで観察しました。ほんとにこんな姿でかわいかったな~。(写真はInternationalHedgehogAssociationより)
[PR]
# by Madorena | 2006-05-21 23:08 | Love shack おうちあれこれ

チケット、届いたー!

ワールドカップのブラジル戦チケット、ついに、我家に届きました…!

国旗ヨーシ!

オーセンティックのユニフォーム、ヨーシ!

代表タオル(ユニフォーム共々両親がカモショップで買ってきて
私のBDプレゼントにくれました。相方の分も)ヨーシ!

ホテルヨーシ!
飛行機ヨーシ!

I'm ready to go!
(まだ一ヶ月ありますが)

次の日はデュッセルドルフで同窓の友達とご飯も食べるんですよーわーい楽しみー
あ、ブラジル戦の録画誰かに頼まなきゃ。こっちの、CMあんまり入らないやつがいいなぁ。
[PR]
# by Madorena | 2006-05-20 01:05 | Football a go go!

Upside down

明日、CambridgeESOL Examinationを一つ
(Reading、Listening&Speaking, Writingの三つですが日時がバラバラ)受けるのですが、
先ほど会場のカレッジから「あなたの試験始まってるのに何で居ないの?」という電話がかかり全身の毛穴が開きそうになりました。

今受けているクラスがエントリー3なんですが、試験はレベル1(上記リンクか、こちらをご参照ください。レベル1がGeneralのCambridge検定のFCEです)をやってみることにしたので混乱が生じたもようでした。
Cambridgeからはレベル1で受験票?が来てるし(親との旅行中に届いたものを相方が既読郵便物のラックに放り込んでいたので危うく来てるのに気づかないところでしたが)、今日のレッスンで、クラス担任の先生が明日午前のレッスンが終わったらちょっと離れたキャンパスの試験会場まで、車に乗せてったげるわねーと言っていたのであっちの間違いなのははっきりしていたのですが、やはり心臓に悪いというか、悪夢にありがちなシチュエーションでどっと疲れました。
私はワーキング・ビザが無いので検定結果がキャリアのエントリーに必要というわけでもなく、カレッジもUKの人と結婚した人やEU圏の人のようにタダじゃないので同じレベルで足踏みしてようが(タダで受けている人はレベルが上がっていかないと学費が発生するか受けられなくなる)試験を受けなかろうが差し支えないのですが(さらに学費も今のところ相方の会社の駐在員家族語学補助で賄っているので自腹の切迫感にイマイチ欠けるのは致し方ないところ)帰国してから仕事するのに、英語少々できます、というためには何か資格証明はないよりあるほうが判りやすいですし、何かやったことが形になってないとつまんないので、年3回か4回ある試験はせっせと受けようと思ってます。でも、もう少し復習しないと駄目だな(笑)

このカテゴリーを設けてから全然更新してないのは、毎度のレッスンで出てくるトピック(文法なり、シチュエーションでの会話なり)が完結しないまま何となく次のタームに行ってしまうのが、ほんとにそれきりになるのか、いつか引き返して完結するのか判明しなかったからです。どうも、完結しないのが2ヶ月通って判ってきたので、これからは時々書きますわ。

12歳の頃から断続的にBritishのカナダ人(家庭教師)やアメリカ人(学校)にEnglishを習って来ましたが、英語がnative languageの国で生活してない(アメリカは親の駐在中遊びに行って通算1年かそこらは居ましたけどごろごろしていたばかりで全然地元と交流してません)ので、周囲の方が思って下さる半分も英語出来るとはいえません。
ただ、「こちらが英語を話す/理解するとは思っていないよその国の人」か、「英語以外の言語を学んで相手に合わせることを知らないよその国の人」には、こちらが正確に話せなくても当たり前だと思われていると弁えていて、「変なガイジン」の英語でも、中学で習った程度で意を通じさせることだけは出来ると知っている(慣れている)ので、大きな顔して押し通っています。あと、欧米人の思考過程に慣れてるからついていきやすいのかな。
listeningは、かなり向上しましたが、帰るまでに、何とかもう少し流暢に話せるようになりたいものです。
[PR]
# by Madorena | 2006-05-18 01:58 | English lessons

夜行フェリーに乗って

今夜の夜行フェリーで、アイルランドに行ってきます。遊びに来ている両親のお供です。
月曜朝着のフェリーで帰って参ります。
See you next week!
[PR]
# by Madorena | 2006-05-12 00:10 | Let's go お出かけ

女王陛下の料理人

今私とお友達の間で熱い番組がGreat British Menuです。
エリザベス2世陛下の公式のお誕生日が6月にある(エドワード7世だったかな、11月の本当のバースデーをホリデーにしても天気も悪いし皆楽しくなかろうと、いい季節をofficial birthdayにするという粋な習慣を始められたそうです。日本もそれ、取り入れたらいいのに)んですが、その大宴会の料理を采配するという栄誉を担う料理人を、各地のスター・シェフのトーナメント形式で選抜するというUK版"料理の鉄人"+"どっちの料理ショー"(素材のsupplierも、クローズアップするのでこっちの要素もあり)。
こんなに繊細かつおいしそうに伝統的な献立を料理するシェフがいるんだ!という驚きと、こういう素材をこんな風にするもんなんだねぇという目新しさ、料理の審査員やプレゼンターっていうのは言葉が違っても何だか似たような人が多いというおかしみ、の三つ重ねの面白さです。それに加えて、それぞれの地方の特産品もアピールしています。デヴォンシャー・クロテッド・クリーム、アイリッシュ・ソーダブレッド(そういえばNorthernIrelandのPaul Rankinって自分のブランドのソーダブレッドをスーパーで販売したりしていたなあ)、ノーフォーク・ダック、などなど。

女王のお誕生日の宴会ということで、伝統的なお国のメニューをベースにしたお料理が多いんですね。
お肉の付けあわせがbubble&Squeek(じゃがいもとキャベツ炒め)だったり、メインのお肉がランカシャー・ホットポット(ランカシャー風煮込み。lambのお肉とソースの上に薄切りじゃがいもを並べてオーヴンで煮込んだ、肉じゃがの原型らしきお料理)オクステールの煮込みだったり、うんとポッシュなレストランではお目にかからないような、でもおいしそうな料理が続々登場。
特に、デザートが垂涎ものばかり。
strawberry shortcake with basil caramel(バジル・キャラメル!)
Dartmoor raspberry mousse and jelly, with Devonshire clotted cream and rice pudding ice cream
Baked egg custard with summer fruits
Treacle sponge pudding with clotted cream ice cream
Rhubarb compote with mango ice cream and nutmeg
Buttermilk cream with rhubarb and rose petals
この最後のデザートなんて是非一度食べてみたいものです。バターミルク・クリームにルバーブ、それに薔薇の花びら!
…友人の来訪以来太り気味の私にとっては現在眼福以上の楽しみは許されませんが_| ̄|○

果物屋「べつにふとってないように見えますが」
雁子「女の子は標準よりだいぶんやせていたいものなのです」
佐々木倫子 『林檎でダイエット』
[PR]
# by Madorena | 2006-05-09 00:40 | 魔法のKitchen

Oh my XXX!

先日のCzech旅行の前には、T-mobileにメールもし、電話もして、
「私の携帯はCzechで使えますな、確実に!」と念押しして行ったのですが。

また、network not available_| ̄|○

機種が海外ローミング対応かも、契約プランに何か手続きしないとローミングできないのか、(私は大して使わないので、pay as you goという使った分だけ、払い込んで積んである料金から引かれるシステムです。そのプランだと、手続きなしで、EU圏では使えることになっている)、等などちゃんと確認したのに、使えない。
もうお手上げということで、相方会社の通訳さんに電話会社に問い合わせしてもらいました。
(私用も、ある程度まではそういうお手伝いを頼んでいいことになっています。
会社の仕事を邪魔しちゃ悪いと今までは遠慮してましたが、今回ばかりは…)

契約上も、機種(LGです)も、ちゃんと使えるはずです、という回答。
それで出来ないから聞いてるんじゃないのさ~

こっちの携帯は販売店で登録などはしてくれないので、
(携帯専門の店だとしてくれるかもしれないけど、スーパーで買ったから)
自分で買って帰ってSIMcardというメモリーディスクみたいなものを突っ込んで
電話会社に家の電話から登録すると使えるようになります。

通訳さんが粘ってくれたところ、
出かけた海外の国で、(同じ携帯キャリアで、ローミングが出来ている)相方の電話と
SIMcardを替えてみて、それで認識しなかったら、携帯本体の問題ってわかりますから

そこで判ったから何をどう出来るというんじゃい!

国内でnetworkを認識出来てるんで、本体じゃなくてあっちの登録の問題だと思うんだけどなー。
これで自分の稼ぎで買ってる独身の頃なら即座に機種変更か、キャリア変えちゃうんですが
(次のときに使えるかイライラするストレスが解決するならその価値はあると思います)
…次にIrelandで使えなかったら、本気で機種変更したい。
あれ?機種変更ってあるのかな、この国。
[PR]
# by Madorena | 2006-05-03 15:17 | In my head